藤沢版 掲載号:2015年8月7日号
  • googleplus
  • LINE

循環型社会の実現へ 「カイゼンふじさわ」で議論

社会

 藤沢市が実施する事業について市民や専門家が公開で議論する「カイゼンふじさわ」が7月25日、市保健所で開かれた。

 今年度は「循環型社会の実現に向けた廃棄物の減量・資源化の推進について」をテーマに、市行財政改革協議会委員や大学教授、主婦など7人が参加し議論を行った。

 議論は主に【1】ごみの減量・資源化の取り組み、【2】超高齢化社会のごみ収集方法、【3】循環型社会の実現といった3つの論点で行われた。参加者からは、ごみの分別や減量について「コンポストの補助対象の見直し」「転入者や若年層へのごみ分別方法の周知」などの意見が出された。また、超高齢化社会への対応、循環型社会の実現などの論点には「ボランティアや地域の人々の協力が必要」「生産者への呼びかけを行うべき」といった意見が上がった。

 議論された内容は今後、市行財政改革協議会で報告書を作成し、市はそれを基に、11月ごろまでに方針付けを行う。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク