藤沢版 掲載号:2015年8月28日号
  • googleplus
  • LINE

湘南ボーイズ出身東海大相模3選手 全国制覇に大きな貢献 「注目の中、持ち味を発揮」

スポーツ

 8月6日から20日まで兵庫県の阪神甲子園球場で行われた「第97回全国高校野球選手権大会」で、市内石川に拠点を置く湘南ボーイズ(田代栄次監督)出身の3選手が所属する東海大相模が優勝を果たした。

 東海大相模の45年ぶり2度目の優勝に貢献した湘南ボーイズOBは、主将の長倉蓮捕手(3年)と小笠原慎之介投手(同)、杉崎成輝遊撃手(同)の3選手。3選手は中学時代に同チームで全国優勝を経験しており、「高校でも日本一を目指す」と闘志を燃やしていたという。念願を達成した決勝の翌日、同校で行われた優勝報告会で長倉主将は、ファンや関係者らを前に「日本一をとった野球部員として、日本一の行動をしていきたい」と語った。

 大会では、最速151キロの速球を持つ左腕・小笠原投手が活躍。2度の先発を含め全5試合で登板し、決勝の対仙台育英戦では打者38人に161球を投げ抜く力投を見せた。さらに6―6で迎えた9回表に勝ち越しとなる本塁打を放ち、投打にわたって好プレーを見せ会場を沸かせた。

 中学時代から小笠原投手とバッテリーを組む長倉捕手は、キャプテンとしてチームをまとめながら全試合に出場し、打撃でも5打点の活躍。杉崎遊撃手は不動の3番打者として、平均5割以上の打率で毎試合安打を放ち、6打点を挙げて投手陣を支えた。

 湘南ボーイズの田代監督は「優勝の瞬間を現地で見届けたが、3人とも持ち味を生かして頑張っていた。各方面からの注目を受ける中、実力を発揮できて凄いと思う」と称賛を贈った。

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク