藤沢版 掲載号:2015年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

甲子園優勝、U─18日本代表 藤沢市 小笠原投手に特別表彰

スポーツ

鈴木市長と握手を交わす小笠原投手(左)
鈴木市長と握手を交わす小笠原投手(左)
 今夏の全国高等学校野球選手権大会を制した東海大相模のエースで、藤沢市在住の小笠原慎之介投手(17)に9月17日、藤沢市から「市生涯学習特別貢献表彰」が贈られた。

 家族らとともに市役所を訪れた小笠原投手は鈴木恒夫市長に「ホームランを打ったことが印象的だった。(決勝で仙台育英の)平沢大河選手から見逃し三振を奪った球が自分の中で一番のナイスボールだった」と報告。日本代表として準優勝したU─18ベースボールワールドカップも「良い経験になった」と話し、各大会で手にした金、銀のメダルも披露した。

 鈴木市長は「市民に夢と感動を与えてくれた。これからもさらに進化して、よりいっそう我々を楽しませてほしい」と激励した。

 また、この日は中学時代に所属していた「湘南ボーイズ」の田代榮夫会長らも同席。「甲子園で優勝した出身選手は初めて。27年間続けてきて良かった。小笠原君に続く子どもを育てたい」と意気込んだ。

 小笠原投手は27日(日)から和歌山県で行われる国民体育大会に出場する予定で、「今は国体に全力で臨みたい。野球で人生を終えたいと思っている」と力強く話していた。

家族や市内の野球関係者らが集った
家族や市内の野球関係者らが集った

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク