藤沢版 掲載号:2015年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

辻堂まちづくり会議 寺から郷土の歴史学ぶ 住民約100人が参加

文化

会場はほぼ満員
会場はほぼ満員
 辻堂まちづくり会議(山田榮会長)主催の伝統文化伝承講座「ディスカバー辻堂」が9月13日に辻堂市民センターで開かれ、住民ら約100人が参加した。

 同講座は、地域の歴史を学んで郷土愛を育むために、2013年2月から行っているもの。4回目の今回は「辻堂の寺」をテーマにした。

 講師を務めた同会議の山田会長は、辻堂と源頼朝との深い関わりや、「辻堂」の地名が南北朝時代に初めて確認されたこと、現在の辻堂元町にある「四ツ角」を中心とする4つの寺を拠点にまちが栄えていったことなどを解説。参加者からは「現在よりも人口が少なかったこの地区に、なぜ4つも寺社が建てられたのか」などの質問が活発に寄せられた。

 山田会長は「祖先を敬って伝統文化を守り続け、これから住みよいまちづくりを進めていくために、この講座が役立てば」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク