藤沢版 掲載号:2015年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

善行中 ひまわりで被災地支援 食用油の原料 種を収穫

教育

被災地へ送る種を収穫する生徒と保護者
被災地へ送る種を収穫する生徒と保護者
 市立善行中学校が被災地支援を目的に取り組んでいる「ひまわりプロジェクト」の一環として、9月19日に開かれた文化祭で生徒と保護者が種の収穫を行った。

 このプロジェクトは、東京電力福島第一原発事故による土壌汚染で、できなくなったひまわり栽培を生徒が代わりに行うもの。収穫した種は被災地へ送り、食用油の原料となる。

 同校は昨年度からプロジェクトを始め、2年目となる今年は近隣住民の好意で約5千平方メートルの畑を無償で借り受け栽培を行った。1、2年生を中心に苗づくりから行い、夏には昨年度の約10倍となる約6千株のひまわりが花を咲かせた。

 文化祭では、この取り組みを保護者に知ってもらおうと催しを企画。参加者は刈り取ったひまわりの頭から、うろこ取りやブラシを使って丁寧に種を取り出していた。約100kgの収穫を見込んでいるという。

 2年生の大野瑞希さんは「夏休みの水やりで、畑と学校を何往復もするのが大変だった。できあがった食用油を買って使うのが楽しみ」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク