藤沢版 掲載号:2015年11月27日号
  • googleplus
  • LINE

県高齢者福祉関係功労者等知事表彰を受けた「和楽会」友愛チームの代表を務める 永井 鈴代さん 亀井野在住 85歳

良いと思ったら即行動

 ○…寝たきりや認知症、独り暮らしの高齢者に対して、話し相手や家事の世話などの奉仕活動を長年続けてきた、善行地区の老人クラブ「和楽会」の友愛チーム。約30年前に立ち上げ、今も代表を務める。「チームの活動を下支えしてきた役員8人で頂いた賞。おこがましいとは思うけど、次の世代の活動の励みになったらうれしい」と謙虚に微笑む。

 ○…「いずれ自分もお世話になるのだから、元気に動けるうちに自分たちで形を作っておきたかった」と立ち上げ当時を振り返る。昨年までの10年間は施設訪問も行い、現在は亀井野団地で交流サロンを年に2回、安否確認や交流のための在宅訪問を週2回続けている。「何度も通うことで顔見知りになり、お互いに安心する」という。これまでに訪問先の人が倒れていたところをメンバーが発見し、助けた事例もあった。「自分たちが帰った後でも訪問先の人が寂しい思いをしなくて済むように」と、花を持って行く、女性らしい気配りも喜ばれ、やりがいにつながっている。

 ○…横須賀で6人兄妹の長女として生まれた。結婚を機に保土ケ谷に移り住んだのち、1963年に亀井野へ。新興住宅地だったことから近隣住民同士が関わる組織がなく、子育てをする中で必要に感じたら子ども会や母親クラブも立ち上げ、地域の和を育んできた。「良いと思ったらすぐ行動に移したいの。若い人たちにもこうやって友愛の和を広げていって欲しい」と熱く語る。

 ○…健康のために27年前に気功「導引養生功」を習い始めた。本場中国に赴いて勉強し、今では亀井野公園で毎朝希望者に教えながら楽しんでいる。ほかにも詩吟や短歌、革工芸、書道など多趣味。「自分の趣味も人のお世話もまずは楽しまなければ。そのためにも健康が一番」と言い切る。ハリのある声と力強眼差しは、今をイキイキと生きている何よりもの証だ。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク