藤沢版 掲載号:2016年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

3千人が避難訓練 最大クラスの津波想定

社会

避難訓練の様子
避難訓練の様子
 藤沢市は11月13日、最大クラスの津波を想定した避難訓練を片瀬、鵠沼、辻堂地区を対象に行い、約3000人が参加した。

 訓練は、午前9時に相模湾を震源としたマグニチュード8クラスの大地震が発生し、気象庁が「相模湾・三浦半島」に大津波警報を発令、津波の第一波が10分以内に藤沢市に到達する想定で実施された。

 参加者は、防災行政無線で震度6強の地震発生が伝えられると、テーブルの下に隠れるなど、まず身の安全を確保。3分後に大津波警報のサイレンが流れ、自治会・町内会ごとに設定した目標まで避難行動を行った。海浜利用者は護岸やサイクリングロード等までの避難行動を行った。

 市は各自治会・町内会と協働して「津波避難経路図」を作成。昨年、初めて実際の訓練を行い、今回が2回目となる。市防災危機管理室は「昨年に比べ、市民の方々がスムーズに避難できていた」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

大切なお墓が蘇る

お墓・玄関・庭石・タイルなど様々な石材を丁寧に洗浄します。

http://ohakasentai.com/oneeighty/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

お問い合わせ

外部リンク