藤沢版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

宿泊で「未病」見える化へ 県と慶應SFCが実証実験

社会

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県と慶應義塾大学SFC研究所は、来年1月から県民を対象に、SFC内の住宅「ME(みびょう)─BYO(みびょう)ハウス・ラボ」での宿泊を通じて、身体データを収集・分析する実証実験を開始する。病気の一歩手前の状態である「未病」を”見える化”できるかを検証していく。

 県は「家」を健康管理の重要な場としてとらえ、日々の体調変化や病気の予兆をさまざまなセンサーや機器を通じて、早期に発見する仕組みづくりを目指している。昨年から慶大と連携し、宿泊した県職員や学生約70人のデータを取得し、結果をまとめてきた。

 慶大の実証実験用施設を活用した未病ハウスには、各メーカーの血圧計や体重・体組成計、寝返りを計測する機器などを設置。宿泊期間中、居住者は普段通り食事や団らん、外出、入浴、睡眠を行いながら、各種機器での計測を行う。朝晩の血圧・体重計測のほか、活動量計の装着、排便時の二酸化炭素量を計測するトイレの利用、睡眠時の心拍や呼吸、寝返り回数を測るベッドで身体データを総合的に管理することで、未病の兆しを可視化できるのかを検証するという。洗面台の鏡「スマートミラー」には数値のほか、「血圧が高めです。食事に気を付けましょう」などシステムによるアドバイスが表示される。

 システムの開発に取り組む慶大環境情報学部の植原啓介准教授は、「本来であれば2泊3日ではなく、1年前の自分と比較できるのが望ましい。しかし、日々の生活をデータで振り返るきっかけになれば」と話す。

 実施期間は17年1月18日(水)から3月3日(金)。場所はSFC (遠藤5322)内。対象者は2泊3日程度宿泊できる健康な20〜65歳で、県内在住・在勤の人 (ペアでの宿泊も可)。抽選で60人程度。宿泊希望者は慶大HP【URL】http://me-byo.sfc.keio.ac.jp/house/で申込み。

 問い合わせは、慶大学術研究支援担当【電話】0466・49・3436へ。

藤沢版のトップニュース最新6

いじめと人権、考え深め

いじめと人権、考え深め 教育

湘洋中で弁護士が授業

10月15日号

市民オペラ 来春開催へ

市民オペラ 来春開催へ 文化

コロナで延期、練習本格化

10月15日号

現元の三つどもえか

衆院選神奈川12区

現元の三つどもえか 政治

日程前倒しで臨戦態勢へ

10月8日号

DX推進 年内加速へ

藤沢市

DX推進 年内加速へ 社会

知見求め、民間人材任用

10月8日号

「東リ町」アートで賑わいを

「東リ町」アートで賑わいを コミュニティ文化

老舗14店に展示、あすから

10月1日号

ベビーカーを無償提供

ベビーカーを無償提供 コミュニティ社会

クリーニング店が困窮世帯支援

10月1日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook