藤沢版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

地元ラーメン店を紹介するカレンダーを企画した 和田 幸之(ともゆき)さん 本町在住 35歳

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena

丼1杯の世界に魅せられ

 ○…年間でおよそ280杯を食べ歩く、通称「ラーメンの人」。「ラーメンファンと店の懸け橋になる面白いこと」として思い立った「和田'sラーメンカレンダー2017」は全国のラーメン店紹介雑誌と異なり、地元店のみをピックアップし、クーポン付きで見た人の実際の来店に結びつきやすいところがミソだ。「『他にも欲しいという知り合いが出てきた』と口込で広がり、買ってくださる方もいて手応えを感じる。掲載店から『カレンダーを見てお客さんが来たよ』という声が聞けるかもと思うと、新年が待ち遠しい」と笑う。

 ○…わかふじ幼稚園、本町小、一中出身と生粋の藤沢っ子。サッカー少年で小学5年生のときに「ミスター・レッズ」こと福田正博選手のプレーを見て大ファンになり、サッカーへ深くのめり込む。サッカーから離れてしまった高校時代、当時は珍しい家系ラーメン店が市内にオープンし、初めて家系の味を体験。「醤油でも豚骨でもない、全く初めての味。麺の硬さやスープの濃さを客の好みに合わせて出すシステムはとても新鮮だった」と当時の衝撃を振り返る。以来ラーメンの虜となった。「食べ進めていくうちに変化するスープの濃さや麺の硬さも計算された1杯は、店主の血と汗と涙の塊」と、その愛情は人一倍だ。

 ○…市販のインスタント麺が急速に進化を遂げる中、「麺を茹でる熱気に乗って漂う香りや丼を待ちわびる高揚感は店頭だけの特典」と断言する。今では店主と仲良くなり、「和田スペシャル」というメニューを出す店が現れるなど、愛される人柄がうかがえる。そのキャラクターを武器に、営業マンとして藤沢の街で日々汗を流す傍ら、新たに「チャーハンマップ」を手掛け、次なる野望を企む。「ラーメンは一種の体調バロメーター。美味しく食べられれば元気な証拠」。脱炭水化物が叫ばれる現代で、我が道を突き進み、食べる幸せを求め続ける。
 

藤沢版の人物風土記最新6

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

10月24日(日)まで「第30回手で触れて見る彫刻展」を開いている

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

白旗在住 73歳

10月22日号

アレクセイ・トカレフさん

23日の湘南台文化センター星空のコンサートで演奏するトランペット奏者

アレクセイ・トカレフさん

下土棚在住 57歳

10月15日号

平林 春芳さん

ゴルフの県アマチュア選手権で女子ミッドシニアの部で優勝した

平林 春芳さん

村岡東在住 63歳

10月8日号

山田 恵里さん

東京五輪ソフトボール女子日本代表の主将で、市民栄誉賞特別賞を受賞した

山田 恵里さん

用田出身 37歳

10月1日号

塩坂 信康さん

児童養護施設の子どもを支援する「湘南ドリームプロジェクト」の代表

塩坂 信康さん

鵠沼海岸在住 54歳

9月24日号

武本 匡弘さん

プロダイバーで40年来海中を撮影し続け、環境活動家として活動する

武本 匡弘さん

鵠沼石上在勤 66歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook