藤沢版 掲載号:2017年3月17日号 エリアトップへ

相模湾のシラス漁 解禁で大漁に期待

社会

掲載号:2017年3月17日号

  • LINE
  • hatena
網を引き揚げて捕獲したシラス
網を引き揚げて捕獲したシラス

 相模湾のシラス漁が3月11日に解禁され、江の島近海では新鮮な海の幸を求めて漁業者が次々と「船びき網漁」へ出港した。

 鵠沼で4代続く網元の「堀川網」(葉山一郎社長)の漁師たちは早朝6時ごろ、船上に寒風が吹き渡る中、片瀬漁港を出港。沖合200mまで船を走らせたところで、水深8m付近にシラスの群れを発見した。魚群探知機を駆使して慎重に群れの位置を見極め、大きな赤いブイを海に投下。ブイを目印に大きく船を旋回させ、魚群を取り囲みながら、100mのロープにつないだ網を海中に下ろしていった。

 船を走らせながら、広がった網を手繰り寄せて回収すると、シラスが次々と姿を現し、漁師たちの顔に笑みが広がった。

 網を引き揚げた葉山博史さんは「初日の漁はシラスの顔が見られれば一安心」と相好を崩す。「今日は水温が低く、13・7℃ほどしかないので、まだまだ量が少ない。本格的に獲れ始めるのは3月下旬から4月上旬で、水温が16℃くらいになってから。今年は黒潮の流れが良いので、これからたくさん獲れるようになると期待できる」と話した。

 堀川網によると江の島近海でのシラス漁は、6年前に東日本大震災が発生した日は大漁だったが、その後、津波の影響で十分に漁に出られなくなるなど、漁獲の低迷期が続いたという。「自然が相手だから難しい。大漁になるかどうかは、親がいかに多く産卵するかに頼るしかない。最近、茨城沖などで大漁だったと聞き、江の島沖でも期待したい」と葉山社長。

 捕獲したシラスは大型のザルに移され、漁師たちがピンセットで、ごみやほかの魚を選別。成長し、はらわたが大きくなったシラスも「苦みが出てしまうから」と選り分けた。葉山社長は「新鮮で質の良いものだけを生シラスとして、その日の内に直売所で販売する」と語った。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

海洋汚染 アートで学ぶ

海洋汚染 アートで学ぶ 教育

マイクロプラでブローチ作り

1月21日号

無料でクリーニング

学生服

無料でクリーニング 教育

おしゃれ倶楽部など有志

1月21日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 文化

神奈川新聞の連載書籍化

1月21日号

高齢者向け賃貸住宅を公開

高齢者向け賃貸住宅を公開 社会

22日・23日 試食付き見学会

1月21日号

湘南エリアの住み替えを応援

ウスイホーム

湘南エリアの住み替えを応援 経済

市内に3店舗目をオープン

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook