藤沢版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

湘洋中に津波避難校舎 1300人が収容可能

社会

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena
湘洋中学校に新たに建てられた津波避難校舎
湘洋中学校に新たに建てられた津波避難校舎

 沿岸部に立地する湘洋中学校に建設していた津波避難校舎が完成し、4月から供用開始となる。校舎には1300人の避難者が収容可能で、平常時には子どもたちの教室などとして使用される。

 津波避難校舎は鉄筋コンクリート造りの4階建てで高さ約15メートル。既存校舎への風通しを考慮して、1階部分は柱だけの構造で2から4階に教室、毛布や食料などの備蓄倉庫を配置し避難用の外階段も設置された。

 津波避難想定の地上8メートルを上回る3、4階と屋上が避難施設となり、既存の校舎と合わせると収容人数は3525人となる。総事業費は約6億8500万円。

 同校は、海岸から200メートルに立地し、第1種低層住居専用地域で風致地区にも指定されている。近隣一帯には中高層建物や高台はなく、津波対策が課題となっていた。

住民の要望受け

 藤沢市は2012年に神奈川県が発表した津波浸水想定に基づき、同地域の津波対策に取り組み始めた。調べにより、同地域の最大避難者数は2860人で、三角屋根で屋上が利用できない既存校舎では、600人余りが収容できないことが喫緊の課題となっていた。

 また13年に同校PTAが2万5000人分の署名を添え、高さ、強度を兼ね備えた「子どもたちの命を守る施設」の整備を要望し、地域住民と一体となった検討が進められた。学区内の大型宅地開発で児童数が増えることが予想されていたこともあり、新校舎の建設が決められた。

 市教委は「校舎が完成しさらに安心・安全を確保できたと思う」と話した。
 

藤沢版のトップニュース最新6

学習端末で「いじめSOS」

学習端末で「いじめSOS」 教育

市立小中学校で試行運用

1月21日号

学級閉鎖や休園相次ぐ

学級閉鎖や休園相次ぐ 社会

感染急増「第6波」鮮明

1月21日号

密避け2年ぶり成人式

密避け2年ぶり成人式 社会

3部制、時間短縮「極力簡素に」

1月14日号

感染拡大 2週間で8倍

感染拡大 2週間で8倍 社会

「第6波の入り口」市警戒

1月14日号

「勝って世界に挑戦」

ボクシング森且貴選手

「勝って世界に挑戦」 スポーツ

初のタイトル戦へ決意

1月7日号

2市1町で連携協定

パートナーシップ宣誓制度

2市1町で連携協定 社会

転出時、一部手続き省略

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook