藤沢版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

藤沢市みどりいっぱい市民の会の会長に就任した 杉下 由輝さん 片瀬在住 45歳

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

元気な街の仕掛人

 ○…木工細工教室や草花植栽体験、自然観察会などを通じ、自然の大切さを広め、緑化推進活動を続けている「藤沢市みどりいっぱい市民の会」。藤沢青年会議所10周年事業として、映像作品『緑の街づくり』を作ったことがきっかけで発足し、今年度、40周年記念事業を企画している。やる気のある若手が必要と、白羽の矢が立ち、会長に推挙された。「大先輩が多くいらっしゃる中での大役。チャンスとピンチ両方がいっぺんに来た」と笑う。

 ○…東京都出身。サラリーマン生活を送っていたある日、祖父が倒れた。介護が必要な祖父にヘルパーを付けてもらうよう行政へ掛け合ったが進展せず、程なくして亡くなった。「国の介護保険制度が導入される以前のことで、自分で何とかしなければと思った」。この一件で福祉への関心を高め、政治への道を志す。縁があった藤沢へ越してきて、1999年に市議選へ挑戦し、当選を果たした。その後、青年会議所の先輩からの誘いで「みどりいっぱい市民の会」へ入会した。市議を4年務めた後は、地元民間企業に入り、人脈を広げている。

 ○…現在は福祉関係の仕事をする傍ら、5年前から地元プロレスラー諏訪魔さんと、藤沢を皮切りとした町おこしのチャリティー試合を県内外で開催している。そのほか、「片瀬こま」の継承や、大和市フィルムコミッションの立ち上げなどにも尽力。全国的に普及し始めている健康ボウリングを先駆的に手掛けるなど、活動は多岐に渡る。

 ○…全ての活動の根底には、「環境と福祉を融合させて、街を元気にしたい」という一途な思いがある。「口先だけの大人が昔から嫌い。いろんな可能性を見つけ、まずは行動してみることが大切。夢や希望を持つ若い人たちに、チャンスは手が届くところにあることを行動で伝えていきたい」。来る東京五輪を緑豊かな街として迎えられるよう、これからも突き進む。

アクセントクロス専門店・ACS

2021年4月上旬オープン。先行予約受付中です!

https://accent-cloth.shop

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

米澤 美法さん

NPO法人「自由創造ラボたんぽぽ」の代表理事を務める

米澤 美法さん

辻堂在住 48歳

2月26日号

田中 あゆみさん

2月9日から配信が始まった市のオンライン動画「こそトレ」で講師を務める

田中 あゆみさん

湘南台在住 49歳

2月19日号

金子 美喜雄さん

県生花小売商協同組合藤沢支部の支部長を務める

金子 美喜雄さん

石川在住 47歳

2月12日号

小林 登久(とく)さん

令和2年度の県体育功労者表彰を受賞した藤沢市民踊協会会長の

小林 登久(とく)さん

鵠沼海岸在住 73歳

2月5日号

高橋 幸治さん

藤沢市キッチンカー事業者連絡協議会の発起人で事務局長を務める

高橋 幸治さん

辻堂元町在勤 48歳

1月29日号

下里 和義さん

プレス工業陸上部(遠藤)の監督に就任した

下里 和義さん

菖蒲沢在住 39歳

1月22日号

絶品お取り寄せはじまる

地元で愛される韓国宮廷料理・焼肉ヨンドンの味が通販サイトから購入できます。

https://yongdong.raku-uru.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク