藤沢版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

鵠沼地区 藤が谷に「地域の縁側」開所 住民の居場所づくりへ

文化

オープニングセレモニーには多くの関係者が訪れた
オープニングセレモニーには多くの関係者が訪れた
 地域住民の居場所づくりに向けて、藤沢市は2014年から「地域の縁側」と呼ぶ交流施設の整備を進めている。

 今月、鵠沼地区で初となる施設「鵠沼藤が谷みんなの縁側」(鵠沼藤が谷2の11の32)が開所し、5日にオープニングセレモニーが行われた。

 同施設は、市民の家を利用し、週に3日(火・水・木曜日、午前10時から午後4時)開業する。運営は地域住民有志らが務め、映画鑑賞会や囲碁将棋など、大人も子どもも楽しめるイベントなどで交流を図っていく予定だ。毎日入れたてのコーヒーを提供することが特徴だという。

 開所式には、鈴木恒夫藤沢市長をはじめ、鵠沼地区郷土づくり推進会議の長瀬輝行議長、ニコニコ自治会の服部隆二会長ら関係者が出席し、オープンを祝った。あいさつに立った運営者の大崎保則さんは、施設開所までの苦労などを話し、「地域住民が通いやすい、だれもが気軽に立ち寄れるサロンにしていきたい」と抱負を語った。

 「地域の縁側」は、現在、市内の33カ所で事業が行われている。それぞれ地域住民らが運営を行い、高齢者の外出機会や交流の促進、認知症予防、異世代交流、地域ネットワークづくりを行っている。市は市内40カ所を目標に今後も整備を進めて行く予定。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク