藤沢版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

フラワーデザインの全国大会に挑戦する神奈川県代表に選ばれた 高田 美恵さん 藤が岡在住 36歳

花への情熱で全国に挑む

 ○…10月22日に横浜市で開催された、花々でアートを制作するフラワーデザインの日本一を競う「2018ジャパンカップ」の神奈川ブロック代表選考会で2位に輝いた。来年4月に開かれる全国大会に、県代表として出場する。選考会への挑戦は6年ほど前から続けており、全国への切符を手にしたのは2度目。前回の大会では1次審査通過に留まった。「また全国に出場できることになり、涙が出るほど嬉しかった」と振り返る。

 ○…選考会には8人が出場した。持ち込み作品として「ピラカンサスや流木などを幾重にも重ね、落ち葉が積もる様子を表現した」という力作『秋つもる』を出品。優れた完成度などが高い評価を受けた。決勝に進出すると、テーブルを花で彩る「テーブルデコレーション」などの競技で技術の高さを見せつけた。

 ○…生まれも育ちも藤が岡。幼いころから花の美しさに心を惹かれ、「幼稚園児のころ、よく公園でシロツメクサの花冠を作った。編むのが楽しくて、2m分も編んだこともあった」という。進学した高校では友人たちを誘い、1年の冬に自ら華道部を立ち上げた。生け花の小原流から講師を招き、「花に対する心構えだけでなく、人への礼儀作法など人間性も育ててもらった」と話す。運動も好きで、小中学生時代はバスケットボールにも熱中。長身を生かしてセンターなどで活躍した。休日には温泉旅行も楽しんでおり、箱根や湯河原、遠くは秋田県などにも足を伸ばす。

 ○…現在は藤沢駅前の神中生花店に勤務。顧客からの注文に応じ、日々さまざまな花束などを製作している。以前の全国大会では「緊張のあまり食べ物が喉を通らず、体重が3kg減った」と語る一方、「それでも挑戦し続けるのは、技術の向上につながるから。お客様が喜ぶ商品を作れるようになりたい一心」と話す。「今度の全国大会では、満足のいく作品を作り上げたい」

藤沢版の人物風土記最新6件

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

巽(たつみ) 菜緒さん

今年の成人式実行委員長を務める

巽(たつみ) 菜緒さん

1月5日号

三觜 隆嗣(たかし)さん

1月1日付で(一社)藤沢青年会議所の理事長に就任した

三觜 隆嗣(たかし)さん

1月1日号

大野木 加代子さん

「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2017」読者投票部門で1位になった「ふじさわびと」を立ち上げた

大野木 加代子さん

12月22日号

五十嵐 紀子さん

創設40周年を迎えた社会福祉法人「光友会」の理事長を務める

五十嵐 紀子さん

12月15日号

毛利 悠子さん

藤沢市アートスペースで企画展「毛利悠子 グレイ スカイズ」を開いている

毛利 悠子さん

12月8日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画ロケ地などで撮影

映画ロケ地などで撮影

ロスピノスで写真展

1月14日~1月29日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク