藤沢版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

藤沢市 ひとり親家庭の就学支援へ 来年2月から新制度導入

社会

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 藤沢市は、市社会福祉協議会(加藤正美会長)と(一財)アズビル山武財団(小野木聖二理事長)と連携を組み、ひとり親家庭の子どもの就学を支援する「あすなろフレンドシップ就学支援制度」を来年2月から開始する。

 この制度は、市内在住の経済的に支援を必要とするひとり親家庭へ返済不要で、使途を問わない就学支援金を支給するもの。対象は、中学校への進学を控えた小学6年生、高校(専門学校)への進学か就職を控えた中学3年生。児童扶養手当の全額支給を受けていること、生活保護受給世帯ではないことが条件となる。対象家庭には、中学入学時に3万円、中学卒業時に5万円が支給される。

 市によると市内には、児童扶養手当を受けている子どもが約200人いると推定されており、同制度の対象者も同等の人数がいると見込まれている。今月1日から申し込みが開始され、17日時点では約40人から申請を受け付けたという。

市と社協、財団法人が連携

 同制度は、市が支給対象者の確認や広報活動を行い、市協議会が申し込み受付、相談など窓口業務を、同財団が支援金を支給という役割分担を行い、運用していく。

 同財団は藤沢市川名に研究施設を持つ測量機器メーカーのアズビル株式会社が昨年110周年を迎えたことを記念して創設された。地域の青少年の健全育成を目的に支援を行っている。

 同社の西田進さんは「3年間運用し、改善できることを見つけてよりよい制度にしていきたい。今後は、支給額の増額など手厚い支援が出来るようにしたい」と話している。

 申し込み・問い合わせは、市社会福祉協議会(鵠沼東1の1玉半ビル3階)地域支援担当「ふじさわボランティアセンター」【電話】0466・26・9863または、【FAX】0466・26・6978へ。受付時間は、月〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日を除く)。申し込みは12月28日(木)まで。

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook