藤沢版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

東京五輪 ボランティアを意見交換 市民がワークショップ

社会

さまざまな年齢層、他分野の市民が集まった
さまざまな年齢層、他分野の市民が集まった
 藤沢市は11月25日、2020年東京五輪の市民参加型の大会運営を目指し、「ボランティアワークショップ」を初めて行った。会場の江の島ヨットハーバーには、地元の大学やNPO法人、観光協会などから約30人が集い、市民参加の方法などを考えた。

 藤沢市は、今年6月に五輪大会と大会後のボランティア活動の方向性を示す「藤沢市大会関連ボランティア等推進計画」を策定。今年度中には、より具体的な「実施計画」の策定を目指しており、今回の結果は、計画作成に反映される予定になっている。

 ワークショップは「2020年の私と藤沢、そのために今始められること」をテーマに行われ、5つのグループに分かれ、活動方法や参加方法など意見を出し合った。主に大会運営や観光・交通案内といったボランティアではなく、市民が身近にできる活動について話し合われた。

 まとめた意見には、「高齢者と若者がタッグを組みながら活動していく」や「楽しんでもらうのではなく、一緒に楽しもうという視点が大切」「SNSを活用した魅力発信」など様々な内容が上がっていた。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク