藤沢版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢市みどりいっぱい市民の会 活動40年で緑綬褒章 意識啓発や青少年育成に尽力

文化

現会長の杉下さん(左)と歴代会長
現会長の杉下さん(左)と歴代会長

 2016年に設立40周年を迎えた環境美化奉仕団体「藤沢市みどりいっぱい市民の会」(杉下由輝会長)が、11月14日の秋の褒章で「緑綬褒章」を受章した。29日に藤沢商工会館で祝賀会が開かれ、歴代会長や関係者らが集まった。

 祝賀会で杉下会長は40年の歴史を振り返り、「たくさんの方からのご支援があったからこその緑綬褒章。これからも緑の普及と青少年の健全育成という初心を忘れず、ぶれずに活動を広げ、続けていきたい」と感謝と意気込みを語った。

 同会は藤沢青年会議所10周年記念事業「緑の街づくり」と題した16ミリ映画の制作をきっかけに1977年10月に設立。当初は52人の会員から活動を始め、現在は200人を超える。これまで稲荷緑地をふるさとの森とした植樹や長久保公園でのセミの羽化観察会、本町と湘南台の町内会と連携した草花植栽、子ども向けの木工細工体験会などを実施してきた。

 受章した緑綬褒章は天皇陛下が授与する6種類の栄典の1つで、社会奉仕活動に従事し、顕著な実積のある個人や団体などに与えられる。14日に国土交通省で開かれた伝達式で、杉下会長は社会奉仕分野を代表して登壇。石井啓一大臣から褒状を授与された。

 同会は年明けに、東日本大震災で被災した岩手県大船渡市の漁港跡地の公園に40周年記念事業として植樹を予定するなど、他地区との交流にも力を入れている。杉下会長は「2020年の東京オリンピックの時には自然豊かな藤沢を世界へ発信したい」と今後への意欲を語った。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク