藤沢版 掲載号:2017年12月22日号
  • LINE
  • hatena

海外観光客へ御所見PR 保寧市民をおもてなし

社会

日本文化の「盆栽」の魅力も伝えた
日本文化の「盆栽」の魅力も伝えた
 御所見地区有志が12月8日、「おもてなし御所見 縁結び事業」と題し、姉妹都市の韓国・保寧市の市民訪問団一行を招き、観光案内を初めて行った。同地区を訪れる海外観光客は珍しく、市北部の魅力を発信したい考えだ。

 このプロジェクトは同地区在住の椎野幸一さんが当初は2020年に開かれる東京五輪に向け、行政などへ提案していたもの。今回、試験的な試みとして御所見市民センターと市が協力し、保寧市からの市民訪問団一行を招くことになった。

 当日は保寧市から6人が来藤。農業が盛んな土地柄を知ってもらおうと、宮原の公共施設「かわせみ」で昼食として地場野菜を使った豚汁や天ぷら、漬物などを振る舞った。特に豚汁が好評で、参加者の男性からは「韓国にも似た料理はあるが、こちらもとても美味しい」という声が聞かれた。

 食後は地元サークルによる日本舞踊を鑑賞。喜んだ保寧の人たちが一緒に「炭坑節」を踊り出す場面もあった。その後、一行は回廊庭園のある「植木屋 あいはら」へ移動。公民館サークルからの淹れたてのコーヒーのもてなしを受けた。

 最後は椎野さん宅へ会場を移し、育てている盆栽を鑑賞。盆栽を観るポイントや育て方などの解説を受け、切り絵作家・椎野勝さんの工房も紹介された。

 椎野さんは「こうした小さなおもてなしでも喜んでいただけて嬉しい。今回の交流で生まれた素晴らしい友情関係がもっと広がれば、より良い社会ができていくとも思えた」と話した。

日本の庭も鑑賞した
日本の庭も鑑賞した

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

TOTO藤沢グランドオープン

TOTO藤沢ショールームが新築移転。12月1日から7日までオープニングフェア

https://showroom.toto.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本の音読楽しもう

絵本の音読楽しもう

白旗の有隣堂で

12月13日~12月13日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク