藤沢版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

3月24日から作品展を開く「藤沢市自閉症児・者親の会」の会長を4月から務める 宮久 雪代さん 鵠沼神明在住 61歳

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

足りなければ補えば良い

 ○…今年で12回目となる作品展には、市内の自閉症児・者が描いた絵画や切り絵、手芸、書など50点以上を展示する。作品だけでなく、障害の特性をまとめたパネルや、大人になるまでの成長記録も表示する。「自閉症という障害を持ち、困ったことを抱えながらも地域で育っていることを知ってほしい。作品を見れば、彼らの息遣いや鼓動を感じてもらえる」と話す。

 ○…息子が3歳のころに他の子どもと違うと気付いた。当時は自閉症が知的障害として広く認知されておらず、診断してくれる病院も近隣になかった。本を読み、人から話しを聞き、息子の障害を学んでいった。「小さい頃は本当に大変だった。泣き叫ぶ、すぐいなくなるから目が離せない」。小学校は養護学校へと進路を考えたが、「弟と同じ小学校に通いたい」という姉の言葉で、市立小学校の支援学級へ入学。6年間歩いて送り迎えを続けた。現在、息子は30歳。「地域の人に支えられ、子育てができた。とても感謝している」と目を細める。

 ○…「親の会」には、息子が小学校3年生のときに、同じ障害を持つ親子と交流を持ちたいと入会した。携帯電話やインターネットが普及する前、同じ経験を持つ人々が集い、愚痴をこぼしたり、悩みを打ち明ける居場所ができたことは心の支えになった。何事にも前向きで明るい性格は、会員の信頼も厚く、最近では会を代表する存在に。「多くの人のサポートを頂いた。これからは、私たちが若いお母さんたちの力になり、社会への窓口になりたい」と思いは強い。

 ○…生まれは大分県中津市。小学校5年生のときに怪我が原因で右目を失明する。ハンディキャップを背負い生きてきたことが、息子の障害を受け入れやすくしたという。「人はそれぞれ違う障害を背負っていると感じる。足りないものは、あるもので補えば良い。子どもが健全に育つことが一番大切」。優しく微笑んだ。

藤沢版の人物風土記最新6

下里 和義さん

プレス工業陸上部(遠藤)の監督に就任した

下里 和義さん

菖蒲沢在住 39歳

1月22日号

高橋 孝夫さん

2月17日から、さいか屋藤沢店で個展を開催する木版画家の

高橋 孝夫さん

亀井野在住 74歳

1月15日号

石井 世悟さん

地域活性に取り組む藤沢青年会議所(藤沢JC)理事長に就任した

石井 世悟さん

本藤沢在住 36歳

1月8日号

東 昭一さん

藤沢市山岳・スポーツクライミング協会の会長を務める

東 昭一さん

藤沢在住 71歳

12月25日号

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢・茅ヶ崎・寒川の労働組合組織「連合神奈川湘南地域連合」の議長に就任した

鈴木 桂(かつら)さん

土棚在勤 49歳

12月18日号

磯崎 三郎さん

旧三觜家住宅など明治地区にある文化財の保存活動に長年取り組む

磯崎 三郎さん

城南在住 81歳

12月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク