藤沢版 掲載号:2018年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

"大波"を巻き起こそう 五輪へ市民応援団結成

社会

市民応援団の正式名称の発表やアスリートによるトークショーが開かれた結成式
市民応援団の正式名称の発表やアスリートによるトークショーが開かれた結成式
 2020年東京五輪のセーリング競技会場になっている藤沢市は3月31日、大会を盛り上げる「市民応援団」の結成式を行った。正式名称となる「藤沢ビッグウェーブ」が発表され、応援団のロゴマークや市民が手作りした横断幕も披露された。

 応援団は、登録すればメールやSNSアプリ「LINE」で、ボランティアやイベント情報の提供を受けられる。市は18年度末までに登録者数2千人を目指している。

 鈴木恒夫市長は「今からどんどん盛り上げていく。市民のみなさんと共有したことは、藤沢市の発展にもつなげたい」とあいさつした。

 本庁舎1階では関連イベントが開かれ、設置した応援団登録ブースには人々が次々に訪れ、登録書に記入する姿が見られた。この日は約380人が応援団に登録した。

ヤマハ防音相談会

4月28日(土)29日(日)に小田原で開催!

http://yamahaohmura.com

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

藤沢ゆかりの山岸主計展

藤沢ゆかりの山岸主計展

第2期は日本百景がテーマ

4月7日~5月6日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク