藤沢版 掲載号:2018年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

「シネコヤ」が1周年 キネマ旬報 千冊一挙公開

文化

キネマ旬報を手にする竹中翔子さん(上)、鵠沼海岸商店街にあるシネコヤ
キネマ旬報を手にする竹中翔子さん(上)、鵠沼海岸商店街にあるシネコヤ

 鵠沼海岸にある「シネコヤ」が今月、オープン1周年を迎えた。映画の魅力を伝えようと、市内で自主上映会などの活動を行っていた竹中翔子さん(33)が看板を上げた。貸本屋というスタイルで、2階ではミニシアター系の映画も流れ、パン屋も併設している。

 同店では記念企画として5月5日(土)まで、映画専門誌「キネマ旬報」の1971年から2015年までのバックナンバー約千冊を一挙展示し、関連映画も紹介する。

 竹中さんは「日本で最も歴史ある専門誌なので、映画好きにはたまらないだろうと思い決めた。表紙が一目でわかるように展示してある。見ているだけでも楽しい」と話している。

映画の灯を消さない

  2007年に老舗映画館「藤沢オデヲン座」が閉館し、3年後に遊行通りの「フジサワ中央」が幕を下ろすと、市内から映画館はなくなった。「文化の香りが消えたようで寂しかった」と竹中さん。「美術館もなく本物と出会う場所がない。いつか映画館を作りたい」と決意する。13年に自主上映会を行う「シネコヤ」をスタート。藤沢から映画の灯を消さない活動を行ってきた。

生活の一部に

昨年4月、鵠沼海岸商店街にあった写真館「カンダスタジオ」を改装し、念願の店舗「シネコヤ」をオープンした。

 1年間で50本ほどの映画作品を紹介。来店客数は1日40人ほどで、女性が多い。「想定よりも多く来店してもらえている」と一定の評価をしながらも、「まだ目新しさで来てもらえている。生活の中に映画や本を提供できて、地域の皆さんのライフスタイルの中に根付いた店には、まだまだ」と、今後に期待を込めた。
 

ヤマハ防音相談会

4月28日(土)29日(日)に小田原で開催!

http://yamahaohmura.com

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

藤沢ゆかりの山岸主計展

藤沢ゆかりの山岸主計展

第2期は日本百景がテーマ

4月7日~5月6日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク