藤沢版 掲載号:2018年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

山野草の花、可憐に 遠藤でエビネ見頃

社会

黄や白の花をつけるエビネ(=16日、えびね・やまゆり園)
黄や白の花をつけるエビネ(=16日、えびね・やまゆり園)
 NPO法人「里地里山景観と農業の再生プロジェクト」が運営する遠藤の「藤沢えびね・やまゆり園」でエビネの花が見頃を迎えた。黄や白、えんじなど色とりどりの可憐な花が、来園者らの目を楽しませている。

 「あら、きれい」。訪れていた一行が声を弾ませる。園内には約2千株のエビネのほか、シャガやキンラン、ニリンソウなども見頃。散策路のいたるところに山野草の花々が咲き誇っており、湘南台在住の80代女性は「見たことのないお花がたくさん。見事ですね」と笑みを浮かべた。

 エビネはラン科の多年草。4〜5月に10数個の小さな花をつける。同法人によると同園では例年より10日ほど開花が早く、5月中旬まで楽しむことができる。自然の里山に近い環境で育成しているのが特徴で、そのほか約130種類の山野草も鑑賞できる。

 「エビネだけでも色々な種類があるので、自然の中で鑑賞を楽しんでもらえたら」とメンバーの河村卓郎さん。

 開園は午前9時から午後4時。大人300円、小中高生200円。慶応大学バス停徒歩8分。問い合わせは同法人【電話】0466・48・8711へ。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク