藤沢版 掲載号:2018年4月20日号
  • LINE
  • はてぶ

ベルマーレ 「地域との歩みが評価」 ライザップら経営権取得を受け

経済

会見に出席した(左から)松岡洋平氏、三栄建築設計(株)榎本喜明氏、水谷尚人社長
会見に出席した(左から)松岡洋平氏、三栄建築設計(株)榎本喜明氏、水谷尚人社長

 フィットネスクラブを運営するRIZAP(ライザップ)グループ(株)と(株)三栄建築設計がクラブの経営権取得を目的とした合弁会社を設立することを受け、湘南ベルマーレは7日、ShonanBMWスタジアム平塚で会見を開いた。

 会見に同席したライザップグループ(株)の松岡洋平マーケティング室長は経営権取得の経緯について、選手の成長を第一とするクラブの運営方針が「人は変われる」とする同社の理念と一致したと説明。2020年までに主要タイトル獲得や収容率1位のスタジアムを目指すなど明確な目標を打ち出し、今後3年間で10億円以上の戦略的投資を行う方針を示した。

 また「目標に向かってコミットする本気度をすり合わせておきたかった」として、数日前に曺貴裁監督とライザップの瀬戸健社長が市内で話し合いの場を持ったと明かし、「契約書は交わしていない」とした上で、20年までの続投を要請した。

 湘南ベルマーレの水谷尚人社長によると、設立される合弁会社は「(株)メルディアライザップ湘南スポーツパートナーズ」。同社はベルマーレの50・002%の株式を取得し、既存の役員やスタッフに加え、ライザップ側から派遣される7人の役員で構成。運営はこれまで通りクラブの既存スタッフが担うとしている。

 親会社の撤退で経営基盤を失い、市民クラブとして再スタートした過去にも触れ、「地域に支えられ、生かされながらここまで歩んでこられた」と感謝を表し、傘下に入ることついて「地域の皆さんとの歩みをライザップという会社が評価してくれた。これからも変わらず湘南スタイルで地域を回って熱を伝え、進化したい」と従来通りの姿勢を強調した。

 同日行われた鹿島アントラーズ戦のハーフターム中に、瀬戸社長がオーロラビジョンに登場。「湘南ベルマーレの一員として全力で頑張ります。一緒に夢を見させてください」とメッセージを送ると、サポーターは拍手やタオルを回してこれに応えた。

 またゴール裏には、「俺たちとともに輝ける頂点へ RIZAP WELCOME」と歓迎の意を表す横断幕も掲げられた。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

藤沢宿をアートで彩る

藤沢宿をアートで彩る

国内外の作品を展示

10月6日~10月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク