藤沢版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • はてぶ

お口からはじまる健康生活

社会

インタビューした菊地暁美歯科医師
インタビューした菊地暁美歯科医師
 毎年恒例の「お口の健康フェスティバル」。(公社)藤沢市歯科医師会が、「お口の健康」に関する知識の普及啓発を図るために始め、今では2千人以上が訪れるように。今年はどんな催しになるのか同会地域保健部理事の菊地暁美歯科医師に話を聞いた。

 ――今年のイベントについて教えて下さい。

 「お口からはじまる健康生活」をテーマに、口臭測定や虫歯・歯周病のリスク検査、お口の健康チェックなどの検査や相談を行うほか、今年は、新たにキッズコーナーを設けました。子ども連れの方でも、ゆっくりと検査や相談を受けてもらえ、子どもは遊びを通じて歯や口の大切さを学ぶ機会になると思います。

 ――歯・口の健康は健康寿命とも関係があるそうですね。

 はい。今は「オーラルフレイル(ささいな口の機能の衰え)」という言葉が使われます。食べこぼすようになった、固いものが噛めなくなり、むせることも増えたなど、こうした症状が続くようであればその可能性があり、放置すると、全身の筋肉や心身の活力の衰えが進み、要介護状態となるリスクが高まります。今年から相談窓口を設けましたので、ぜひご利用下さい。

 ――歯みがきや入れ歯、食生活のことも相談できますか。

 はい。歯科医師のほかに、歯科衛生士、歯科技工士、栄養士などが皆さまの相談にお答えします。気軽に立ち寄って下さい。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

藤沢宿をアートで彩る

藤沢宿をアートで彩る

国内外の作品を展示

10月6日~10月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク