藤沢版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

関東大震災の記憶辿る あす9日から、くじら館で

社会

新聞や雑誌など約200点の資料を展示する
新聞や雑誌など約200点の資料を展示する

 「関東大震災〜震源地は神奈川県だったⅤ」と題した特別展が6月9日(土)から24日(日)まで、湘南くじら館(高倉668の12)で開かれる。午前11時から5時。月、火曜日休廊。

 新聞やグラフ雑誌、東京大学地震研究所による発災直後の火災地図など200点を展示。当時の記録から大地震が神奈川、東京に及ぼした被害の一端を紹介し、95年前に起きた未曾有の災害の様子を浮かび上がらせる。

 展示する資料は、同館スタッフの小山田知子さんの祖父、佐伯武雄さんが収集したもの。新聞は発災翌日の「東京日日新聞」の号外や、「都新聞」「報知新聞」などが閲覧できる。また、当時ベストセラーになった震災の詳細をまとめた雑誌「大正大震災大火災」(大日本雄弁会・講談社)、被災の様子を収めた写真を使った絵葉書も展示される。

 関連イベントとして、地学的な側面から震災を振り返る講演会も開かれる。10日(日)の午後2時から4時で入場無料。

 東京や横浜は軟弱地盤で家屋が倒潰しやすかったことから、地学的な見地から、震災被害を分析する。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

藤沢宿をアートで彩る

藤沢宿をアートで彩る

国内外の作品を展示

10月6日~10月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク