藤沢版 掲載号:2018年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

地域環境美化功績者として環境大臣から表彰された 渡辺 重雄さん 遠藤在住 78歳

番人のあじさいに感謝込め

 ○…地域の環境保全や美化活動に対する、顕著な功績をたたえる環境大臣表彰。小出川の河川浄化や不法投棄防止のためにあじさいの植栽を行い、遠藤あじさいの会の会長として、美化活動を推進したとして表彰された。「散歩する人が多い道。あじさいの時期だけでなく、1年通じてきれいにしていきたい」と語る。

 ○…1990年代、遠藤地区を流れる小出川は不法投棄に悩まされた。背丈のある草の間に、弁当の空き容器、自転車、タイヤなど多数。草刈りをしても、伸びればまたその繰り返し。地域住民は悩み、「花を植えたら減るのでは」とのアイディアで、まずは片側にあじさい250株を植えた。住民の手で一株一株管理しようとオーナー制度を導入。回覧板で募集すると、すぐに定員になってしまった。今では両岸に500株が植わり、不法投棄もなくなった。「距離を広げたらと」と言われたことも。しかしそれは断った。「自分たちで管理できることが大事だから」

 ○…秋田県の出身。「田舎町だから、祭りが盛んで」と懐かしむ。その影響で、民謡、尺八が趣味となり、今では週5回も通うときも。街づくりは義父に勧められ、遠藤地区の生活環境協議会に所属したことがきっかけになった。会の活動は20年来に渡り、現在オーナーの最年少は、7歳の孫。「これ自分のあじさいだよ」との孫の言葉や、「私の花が咲いたの」という住民の会話に充実感を得る。

 ○…17日には恒例のあじさいまつりを開催した。「小出川の不法投棄を監視する番人だから、年1回の感謝の気持ちを込めてね」と愛情が伝わる口ぶり。今では観光スポットとなり、6月になれば、市内外から多くの人が訪れる。お祭りも来年は20回目。「ここまでやってきたなと達成感があるね」とにこやかに語った。

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

屋敷サラさん(本名:池田 奈央子さん)

電子書籍で「ゾンビBLUE」の配信を始めた漫画家

屋敷サラさん(本名:池田 奈央子さん)

9月21日号

種田 多化子さん

8月23日に発足した藤沢市障がい者スポーツ連絡協議会の会長を務める

種田 多化子さん

9月14日号

湯浅 裕一さん

セーリングW杯に向け、9月8日に江の島でウェルカムフェスティバルを開く

湯浅 裕一さん

9月7日号

尾崎 文彦さん

認知症の人とその家族らを対象にイベントを企画したNPO法人市民後見さざなみネット副理事

尾崎 文彦さん

8月31日号

小木曽 正子さん

障害者の自立支援等を目的とした「Nico’s Kitchen」をオープンしたNPO法人代表

小木曽 正子さん

8月24日号

畠山 政大さん

標高8163mのマナスル登頂を目指す

畠山 政大さん

8月17日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママ起業家秋のまつり

ママ起業家秋のまつり

さいか屋でイベント

9月22日~9月24日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク