藤沢版 掲載号:2018年6月29日号
  • LINE
  • hatena

マネジャーで副主将

スポーツ

田賀糸彩(3年)/マネジャーで副主将を務める。プレーはできないが、陰からチームを支える
田賀糸彩(3年)/マネジャーで副主将を務める。プレーはできないが、陰からチームを支える
 「〇〇は背中で引っ張るタイプ」「△△は気持ちが優しく少し弱気」「□□は自分勝手」―。

 マネジャーで副主将の田(た)賀糸(かいと)彩(3年)は、選手の特徴や性格を見抜く才があるようだ。マネジャーの仕事をこなしながら、チームの変化にいち早く気付き、選手に声をかけ、時には檄を飛ばす。加藤理志監督も「選手やチーム状況を一番理解している」と信頼を寄せる。

 昨秋から今春にかけ、チームから数人が退部。春季大会は、部員不足から高浜高校(平塚)と合同チームを組み出場するが、コールド負けを喫するなど、試合の負けが続いた。部の雰囲気も暗くなっていた。

 状況を変えようと加藤監督は「優しいけれど、引っ張っていく姿勢が少ない選手たちに比べ、周りを見ることができる」とマネジャーだった田賀糸を副主将に抜擢。選手に「男も女も関係ないから言うことを聞くように」と念を押した。

 田賀糸は、3歳年上の兄の影響で、小学校1年生で地域の野球チームに入団。男子に交じり6年間野球を続けた。「家で毎日バットを振っていた」というほど熱中。6年生ではチームのキャプテンとして、チームを市大会2位に導いた。

 中学校では、野球を離れたが、「やっぱり野球が好き」とマネージャーに。選手が少ない同部では、練習で監督もコーチもグランドに立つが、経験者の田賀糸もグラブを握り、バットを振ることもあるという。

 昨年の夏大会は、2回戦敗退。それでも田賀糸は、1回戦で勝利した選手が、応援団のいるアルプス席に笑顔で走ってくる姿が忘れられないという。「今年は部員全員でベスト32を目標に掲げた。すべてを出し切って笑顔の選手たちを見られるように、最後まで支えていきたい」

樽寿司総本店・市場店

年末年始は樽寿司の特別メニューで決まり!31日~4日は出前のみ営業

https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14001877/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク