藤沢版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

道路側外壁、ブロック塀なし 市が各学校に聞き取り

社会

村岡小北側の万年塀
村岡小北側の万年塀
 6月18日の大阪北部地震で、女児が小学校のブロック塀の下敷きになり死亡する事故が発生した。これを受けて藤沢市は、市内各学校へ聞き取り調査を実施。地震で問題になった、塀が倒れないように支える控壁が無いブロック塀は、道路に面している場所には、現状設置されてないことを確認した。

 かつて市では鉄筋コンクリート製の支柱を地中に埋め、支柱間にコンクリートの平板を落とし込んだ万年塀を設置していたが、耐震性や建築基準法の改正を踏まえ、阪神淡路大震災以前から小学校外壁の改修を進めてきた。現在は、ほとんどが安全面を考えフェンス壁になっている。

 現状で改修されていないのは、藤沢小学校の墓地に面した北側一部と村岡小学校体育館北側。万年壁は、高さが70cmから1メートル20cmほどと低く、面している道路が通学路になってないことに加えて強度も確保できていることから、大阪地震のように児童が巻き込まれることはないとしている。しかし、当該箇所についても「優先順位を確認しながら、なるべく早めに改修していきたい」と市学校施設課では説明している。

 今回の聞き取り調査では、校庭内のボール当てに使われるブロック塀の有無など、危険性のある壁についても、細かく聞き取りを行っており、必要に応じて順次、現地調査を進めるとしている。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

楽しくお得な納涼祭

湘南台商連

楽しくお得な納涼祭

29日 原谷公園で

7月21日~7月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク