藤沢版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

ボウリング 日本精工が大会2連覇 全国実業団のナンバーワンに

スポーツ

大会連覇を達成した日本精工の(左から)村上さん、斎藤さん、小西さん
大会連覇を達成した日本精工の(左から)村上さん、斎藤さん、小西さん
 経済産業大臣杯「第44回全日本実業団産業別ボウリング選手権大会」が6月8日から10日にかけて、富山県の富山地鉄ゴールデンボウルで開かれ、鵠沼神明の日本精工藤沢ボウリング部が優勝を果たし、2年連続2度目の大臣杯を獲得した。

 この大会は、全国の実業団チームが4つの業種に分かれ同業種ナンバーワンを決め、さらに各部門の上位チームによる決勝大会で王者を決める。3人のチーム戦で、今年は111チーム360人が参加した。

 日本精工藤沢は、43チームが出場した鉄鋼・機械・金属など工業系の部門に出場。12ゲーム(チーム合計36ゲーム)を投げ、平均214点と安定した実力を発揮したが、部門では3位に終わった。

 各部門の上位チームで争われた決勝大会では、「レーンの状況をしっかりつかめた」と、6ゲーム(チーム合計18ゲーム)を平均224点の高得点をマーク。部門で敗れたトヨタ自動車に競り勝ち、2連覇を達成した。

チーム力でつかんだ勝利

 日本精工藤沢は、国内のアマチュアボーラーの最高峰の個人戦であるNHK杯全日本選抜選手権大会チャンピオンの斎藤祐太さん(22)、ボウリング歴42年のベテラン村上悦男さん(62)、入社2年目で若手の小西菖平さん(19)がチームを組み出場した。

 最年長の村上さんは、昨年から加入した小西さんがムードメーカーとして勝利に貢献しているという。「チームの雰囲気が失敗しても引きずらず切り替えられるように」。逆に若手の失敗をベテランがカバーすることも。

 エースの斎藤さんを中心にベテランと若手が力を発揮した高いチーム力で勝利をつかみ取った。

 目標は、11月の全日本選手権、来年2月の都市対抗の実業団3大大会をすべて制すること。

 斎藤さんは「個人個人の能力を伸ばし、部の力を付けて選手層を上げていきたい」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

平和願い有志が講演会

感性きらり120首

小中学生の五行歌 街角に

感性きらり120首

2月22日号

地元プロが技を伝授

「みそ汁に入るかな?」

アートイベントが盛況

鵠沼

アートイベントが盛況

2月22日号

ロボットをより身近に

熊本馬刺しと純米酒 櫻

熊本県から仕入れた本格的な馬刺しをご賞味ください

https://sakura-fujisawa.gorp.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高齢者の栄養を考える

高齢者の栄養を考える

3月3日に公開講座

3月3日~3月3日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク