藤沢版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

地元情報をいち早く正確に アプリ製作、くまなく市民へ

社会

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena

 阪神淡路大震災をきっかけに、1995年に開設準備室を設立。翌年4月に全国31番目の局として藤沢市のコミュニティーラジオ局「レディオ湘南」が誕生した。97年には市と防災協定を結び、現在は災害時の緊急放送を担う。「東日本大震災で地域密着の情報を流すラジオの価値が再び見直された」と楢原亮太社長。今では大幅に増え、全国で320の局がある。

 震災時には、避難所の開設情報などを市と連携しながら発信する。また台風や大雪などの警報が発令されているときには、泊まり込みで放送。気象情報、さらには翌朝の交通情報など、市民が知りたい情報をいち早く伝える。

 4月にはスマートフォンの公式アプリ、「レディオ湘南ofusing FM++」が完成。2カ月で約3千300ダウンロードを記録するなど、市民に浸透しつつある。「ラジオは電池で聞けるメリットがあるが、外出時に持っているのはスマートフォン。家族がバラバラになっても同じ情報を共有できるだけでなく、文字情報なので聞き逃しも防げる」と説明する。

 多くの情報を扱うなかで求められるのは質。同局では、建設業協会や管工事組合などとも協定を結び、パトロールしながら得た通行止め情報などを共有する仕組みも整えている。開局から20年以上。「電波を広げればと言われることもあるが、震災時を含め、市民が求める細かい情報を伝えられるかが重要。だから藤沢市に根付き、身近なラジオ局でありたい」と、市民を思い放送を続ける。

*この連載では、防災に先進的な取り組みをする企業・団体を取材しました。〈連載終わり〉
 

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

外出自粛、直売所に客足増

外出自粛、直売所に客足増 社会

市北部 口コミで広がる

5月22日号

走ったルートが十二支に!?

鵠沼桜が岡八尾さん

走ったルートが十二支に!? スポーツ

まるで地上絵「GPSアート」

5月22日号

寄贈

寄贈 社会

コロナに負けるな

5月22日号

「培った英語力 役立てたい」

片瀬在住伊藤さん

「培った英語力 役立てたい」 教育

オンラインで無料学習塾

5月22日号

ホースで「STAY HOME」

藤沢市民まつり 中止に

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク