藤沢版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • はてぶ

藤沢市 中学校給食、計画前倒し 来年4月から3校実施へ

教育

給食のメニュー例(市教委提供)
給食のメニュー例(市教委提供)
 市立中学校全校で主食とおかずがそろった完全給食の実施を目指す藤沢市は27日、2019年度までに予定されていた18年度の計画を一部前倒すと発表した。来年4月から新たに藤ヶ岡中と村岡中、羽鳥中の3校で行うとしている。

 市は14年11月から善行中と湘南台中で選択制のデリバリー方式の学校給食をスタート。民間業者に委託し、各学校に配達している。19校のうち、17年度までに12校で実施されており、残り7校となっていた。前倒しを受け、関連費用3532万円を18年度補正予算案に計上。記者会見で鈴木恒夫市長は「当初から19年度中には全校で実施をする計画だった。距離が遠く時間のかかる片瀬中への配送が可能と判明したので、前倒しに踏み切った」と述べた。

 保護者からも「給食を取り入れてほしい」といった要望が寄せられたことや、議会から指摘があったことも前倒しを決めた理由という。残る鵠沼中、湘洋中、高浜中の3校は来年10月を目標に検討段階。これら3校が終わると全校で実施完了となる。

保護者から賛否

 給食が導入された学校では保護者や生徒を対象にアンケートを実施。約2500人の保護者から回答があり「栄養のバランスが取れたものを食べさせられる」と賛成の声の一方で「おかずの量が少ない」「支払いがコンビニだけでは不便」などの意見も寄せられた。こうした声を受け市は現在、有料でおかずの大盛りに応じているほか、10月からはクレジット決済による支払いも受け付ける。

 市によると、現在実施している学校で給食の喫食率は昨年度末で31・8%。市は「生徒の約3割が利用している。数値の高低ではなく、選択肢の一つになれば」と話している。

小料理 さかねや

天然モノの刺身が自慢 四季の和が楽しめる大人のお店

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

マンションセミナー&無料相談会

11月18日㈰、藤沢市市民活動推進センターで開催

http://bunjyounpo.or.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大庭城の歴史を展示

大庭城の歴史を展示

貴重な土器や古文書並ぶ

10月27日~1月13日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク