藤沢版 掲載号:2018年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

バドで地区、県制し全国へ 滝の沢中2年 田中子嘉さん

スポーツ

8月の関東大会でスマッシュを放つ田中さん(滝の沢中提供)
8月の関東大会でスマッシュを放つ田中さん(滝の沢中提供)
 滝の沢中2年の田中子嘉(しいか)さんがきょう14日から長野県で行われる「JOCジュニアオリンピックカップ第37回全日本ジュニアバドミントン選手権大会(ジュニア新人の部)」に出場する。8月に行われた予選の地区大会と県大会で優勝。県の代表選手として、全国から112人が出場する全国大会へ初めて駒を進めた。

 県予選にはそれぞれの地区の代表37人が出場。初戦から相手に1セットも取らせない快進撃を続けた。順調に勝ち進み迎えた準決勝。2セット目で細かいミスが続き苦戦する場面もあったが、2対0で勝利を収めた。決勝の相手は昨年敗北を喫した相模原市の選手。気負わず試合に集中して取り組むことで、見事勝利をつかみ取った。

 田中さんは小学1年生からクラブチームに入りバドミントンを始めた。顧問の田中章宏教諭は「ショットが鋭く、ラインぎりぎりの場所にスマッシュがよく決まる」と評価する。

 部活動では上級生や男子相手にも練習し、自宅でも自主練習を重ねている。試合前ビデオで相手選手の弱点の研究も欠かさない。負けず嫌いな性格で、常に「相手よりも多くスマッシュを決めよう」と試合に臨むという。

 初戦は宮崎代表との対戦。田中さんは「一つ一つの試合に集中して1個でも多く勝ちたい」と意気込んだ。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママ起業家秋のまつり

ママ起業家秋のまつり

さいか屋でイベント

9月22日~9月24日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク