藤沢版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

ソフトテニス ジュニア育成に奮闘中 「強い藤沢を再び」

スポーツ

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
真剣に練習する子どもたち
真剣に練習する子どもたち

 藤沢にソフトテニスの熱を再び―。

 20〜30年前、青春時代に競技に熱中した大人たちが後進の育成に奮闘している。鵠沼神明の第一中学校で主に練習する「藤沢ジュニアソフトテニスクラブ」は、中学・高校時代にソフトテニスに打ち込んだ鈴木雅史さん(42)が中心となり、2年前に設立された。自身が学生時代には全国大会優勝のペアが出るほどレベルの高かった藤沢。「再び競技が盛り上がるように」と、小学生を対象に底辺拡大を図っている。

 共に活動するのは、現役選手の後藤靖浩さん(41)とコーチ経験のある鈴木正美さん(53)。「ソフトテニスから多くのことを教わった。恩返しのつもり」と魅力を伝えている。

 経験豊富な3人だが、小学生を教えるのは初めてで悩みも多かったという。全くの初心者の子どもたちは、ラケットにボールが当たらないのは当たり前。練習に飽きてコートの砂で遊びだすこともあった。「教えるという以前に、どう楽しませるか」。練習にはキャッチボールや鬼ごっこなどの遊びを取り入れるなど工夫をしている。

 選手は、競技を始めて1年で出場した神奈川県選手権大会で、林田天磨くん(当時5年)がベスト16に進出。今年5月には、3年生の鈴木綾華さん、市川結菜さんペアが関東大会へ出場するなど力を付けている。

 同クラブの詳細は
【URL】https://www4.hp-ez.com/hp/fjstc2016/page1へ。
 

同クラブのメンバー
同クラブのメンバー

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

新ピンクリボン号出発

地元不動産会社県から感謝状

地元不動産会社県から感謝状 社会

医療用物資寄贈に対し

10月23日号

まるで石畳

まるで石畳 社会

道路も宿場町風

10月23日号

医療従事者に100万円寄付

医療従事者に100万円寄付 社会

櫻井興業など2社

10月23日号

手作り避難場所が完成

手作り避難場所が完成 社会

辻堂太平台 産官民が連携

10月23日号

市庁舎でロボットが問診

市庁舎でロボットが問診 社会

コロナ禍対策で実証実験

10月23日号

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク