藤沢版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

辻堂 「ロボットの街」PR 市民ら最先端の技術体験

社会

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
式典で披露された外骨格ロボット「スケルトニクス」(=23日、テラスモール湘南)
式典で披露された外骨格ロボット「スケルトニクス」(=23日、テラスモール湘南)

 最先端のロボットが一堂に会し、その技術を体験できるイベントが23日から3日間、辻堂駅北口周辺で催された。県が推進する「ロボットと共生する社会」をテーマに災害救助や生活支援が可能な約30種類を展示。訪れた親子連れらが実際に触れるなどして近未来の世界を体験した。

 23日の式典で黒岩祐治県知事は「ロボットと共生する社会を多くの人に実感してもらい、新しい時代を作っていければ」とあいさつ。鈴木恒夫市長も「モデル地区として藤沢も注目されており、今日は新たなスタートを切る日」と歓迎した。

 県は全国に先駆けてロボットの実用化や普及を進めようと、2013年から藤沢市や相模原市など10市2町を「さがみロボット産業特区」に指定。これまで規制緩和など企業の開発を後押しすることで、20近いロボットが商品化している。

 現在は特区計画の2期目にあたり、イベントは最先端の技術を身近に感じることができるモデル空間を作ろうと初企画。辻堂駅北口周辺を「かながわロボタウン」と銘打ち、公募で自動運転バスや災害救助用ドローン、介護ロボットなど約30種類が一堂に会した。

 人の動きに合わせて手足を動かせる外骨格ロボットを体験した7歳の男の子=多摩市=は「テレビに出てくるロボットみたいでかっこよかった。また乗ってみたい」と満足気だった。

 今後もロボタウンでは実用化に向けた取り組みを展開する予定。テラスモール湘南では、施設内を自律走行し、不審物がないかなどを調べる巡回監視ロボットや携帯端末で施設内の目的地までのルートを案内するアプリの実証実験が行われる。

 この日、同施設内を視察した黒岩知事は「いい形でキックオフできた。ロボットとの共生を世界に発信できるよう、今後さらに盛り上げていきたい」と総括した。

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

高齢者接種 5月中旬に開始

高齢者接種 5月中旬に開始 社会

ワクチン接種で市想定

4月9日号

駅周辺、賑わいの拠点に

駅周辺、賑わいの拠点に 経済

広場条例施行 活用本格化へ

4月9日号

市北部活性化に期待感

市北部活性化に期待感 経済

綾瀬スマートICが開通

4月2日号

余った食料品、困窮者へ

余った食料品、困窮者へ 社会

「フードバンクふじさわ」が発足

4月2日号

最大級の災害に備えて

藤沢市

最大級の災害に備えて 社会

津波ハザードマップなど改定

3月26日号

自宅療養 見守るモデルに

看護師が電話で健康観察

自宅療養 見守るモデルに 社会

藤沢市で先行実施始まる

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク