藤沢版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

先月行われた県のシクラメンの立毛(品評会)で1位を受賞した 宮澤 勇治さん 鵠沼神明在住 44歳

日々高品質を追い求めて

 ○…冬の室内をピンクや白で華やかに彩り、羽をたたんだ蝶を思わせる可憐な花――。県内上位13件の生産農家から初の1位に輝いた。さらに市内では2年連続、最高位の「優等」を受賞。県内でも広い面積を誇る宮澤園芸は7つのビニールハウスで約100種類、1万5千鉢を栽培管理する。それだけの収容性を持ちながらも、まとまりがあり形が均一にそろっている品質の高さが評価された。「一度は取りたかった賞。受賞したことに奢らず、今後もより一層高品質なものを作れるよう精進したい」と話す。

 ○…1970年から藤沢でシクラメンの栽培を続けている宮澤園芸の2代目で、幼少期から花々に囲まれて育った。学生時代は花に興味を持たず、バスケットボールに打ち込んだが、高校生の進路選択の時に「植物に関わっていこう」と農業大学への進学を決めた。卒業後は2年間、愛知県の大きな農家に研修に行き、知識を増やし技術を磨き戻ってきた。「藤沢は海風のおかげか風通しがよく、もちが良いものが育つ。育てる環境に向いているのかもしれない」と生まれ育った故郷を誇りに思う。

 ○…物事を計画的に進める性格で「学生の時も宿題やテスト勉強を逆算して考えてしっかり終わらせる子どもだった」と振り返る。根のはりを見極めながら、陽射しや温度、風通し、肥料などありとあらゆるものを調整して1・2年後の姿を見据えながら綿密な計画を立てる適期適作の栽培に活かされている。

 ○…生き物を相手とする仕事だけに苦労は絶えない。一人で早朝4時頃から約9時間水やりをしたこともあったとか。「手抜きをすると、すぐ影響がでる。でもそれがやりがい」。そう話す顔は自慢の息子を語る父親のようでもあった。

藤沢版の人物風土記最新6件

太田 章子(あやこ)さん

きょう19日からパッチワーク作品で初の個展を開く

太田 章子(あやこ)さん

4月19日号

大西 順三さん

藤沢市老人福祉センター「やすらぎ荘」で旅行講座を開く

大西 順三さん

4月12日号

東樹(とうじゅ) 康雅さん

藤沢市市民活動推進センターのセンター長に就任した

東樹(とうじゅ) 康雅さん

4月5日号

山内 若菜さん

福島県に通い続け、自然や動物を描く画家

山内 若菜さん

3月29日号

平井 仁さん

30年に渡って地域の子どもたちの交通安全教室を続けてきた

平井 仁さん

3月22日号

丸山 康彦さん

3月17日に藤沢で開かれる講演会「不安社会を生きる」の講師を務める

丸山 康彦さん

3月15日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

永井ゆずる「愛せる藤沢」

平成31年度の予算審議で質問しました。ホームページをご覧下さい。

http://nagaiyuzuru.na.coocan.jp/index.html

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク