藤沢版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

南藤沢イータウン 商店街大賞で特別賞 恒例のマルシェが評価

社会

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
(右から)鈴木会長、メンバーの浜田さん、倉田さん
(右から)鈴木会長、メンバーの浜田さん、倉田さん

 南藤沢イータウン(鈴木一哉会長)がこのほど、県内の商店街や大型店の優れた取り組みを表彰する「かながわ商店街大賞」の特別賞に選ばれた。毎月、東奥田公園で開催している朝市「e-マルシェ」のユニークな内容や、継続性が評価された。

 県と県内の経済団体からなる実行委が主催。商店街の活性化を図ることなどを目的に毎年開催している。7回目の今回は商店街部門で8団体、大型店・チェーン店部門で2店の応募があった。

 同商店街は、2012年4月に発足。藤沢駅東側の東奥田公園を中心にしたエリアで、28店舗で構成される。

 毎月第4日曜日に開催されるe-マルシェは、今年4年目。地場野菜の販売、商店街メンバーの飲食店ブースやワークショップブースが一堂に並ぶ。大人から子どもまで幅広い年代に楽しんでもらおうと、1月は豆まき、2月は芋煮会を計画するなど、季節ごとのイベントも企画。また子育て世帯が多い地域性を考え、子どもを対象にした店長体験など、買うだけでない参加する楽しみも伝えてきた。鈴木会長は、「子どもだけでマルシェに遊びに来る。地域に溶け込めた証拠では」と、成果を語る。

「なにもない」原点に

 当初は商店街発足時に訪れた県の担当者が「何にもない」と音を上げるほど、観光資源に乏しいエリアだったという。ネオンもなく、夜には辺りが真っ暗になるため、苦肉の策で企画した最初のイベントはキャンドルナイト。「でもこの経験で、何もないなら自分たちで作ればいいと気がついた」と鈴木会長は話す。

 若手経営者が多い商店街はその後、「藤沢駅から一番近いマルシェ」と売り出し、次第に認知されるように。個性的な飲食店も多く「今後はグルメをテーマにしたまちづくりも考えていきたい」と話している。

 その他の受賞団体(商店街部門)は以下の通り。

 大賞/横浜弘明寺商店街協同組合(横浜市)、準大賞/池田通り商店会(逗子市)、特別賞/湯河原駅前通り明店街(湯河原町)

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

オンラインでピアノ競演

市内在勤高木さん

オンラインでピアノ競演 文化

全日本コンクールを企画

5月29日号

分散登校で週明け再開

藤沢市立小中学校

分散登校で週明け再開 教育

夏休みは2〜3週間に短縮

5月29日号

一部営業再開へ

テラスモール湘南

一部営業再開へ 経済

食物販中心に25日から

5月22日号

コロナ対策に459億円

コロナ対策に459億円 社会

藤沢市が補正予算

5月22日号

ネット申請受付始まる

特別定額給付金

ネット申請受付始まる 社会

郵送書類は月末から発送

5月15日号

「オンライン学習」推進へ

「オンライン学習」推進へ 教育

環境整備急務 課題も

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク