藤沢版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

小田急グループ 新商業施設 3月開業 「湘南の玄関口」へ店舗一新

経済

改修工事が進む小田急百貨店藤沢店
改修工事が進む小田急百貨店藤沢店

 藤沢駅南口で現在大規模改修が進められている、小田急百貨店藤沢店が3月22日にリニューアルオープンする。施設名を「ODAKYU湘南GATE(ゲート)」と改め、60の専門店が新たに出店。百貨店のノウハウと専門店の個性を融合させた、新商業施設に生まれ変わる。

 小田急電鉄と小田急百貨店が先月31日に発表した。同店(地上7階、地下1階)は昨年6月にリニューアル工事に着手。2階から7階までを新たに「専門店ゾーン」と位置づけ、アパレルや外食店など60の専門店が出店するフロアに改修する。また1階と地下1階は「百貨店ゾーン」とし、一部リニューアルした上で「小田急百貨店ふじさわ」と名称を改める。

 江ノ電改札口と直結する2階は、湘南の玄関口をイメージさせるカフェやオーガニックスーパーを展開。3階は「湘南ゲートキッチン」として、地元の精肉専門店「タカギフーズ」が飲食店では初出店するほか、藤沢発のスパゲティ専門店「JPASTA」など6店から成るフードホールを新設する。

市民図書館も入居

 また、6階には今年7月以降、市民会館に隣接する「藤沢市南市民図書館」とルミネ藤沢店6階の「藤沢市民ギャラリー」も暫定移設する予定。コミュニティフロアとして、市民の交流の場を目指すという。

 前身の小田急百貨店藤沢店は1985年にオープン。1991年には約230億円の売上げを記録したが、近年は大型商業施設の進出や顧客の高齢化で伸び悩んでいた。

 同電鉄では「駅前の利便性と居心地の良さを追求した新しい施設になる。賑わいの創出、街の活性化にも寄与できれば」と話している。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

藤沢プラザ本館 閉鎖へ

目指せ、アマボウラー日本一

大庭在住菅野さん

目指せ、アマボウラー日本一

4月26日号

学生経営「インターン酒場」

約500Km 巡礼の旅へ

別荘文化の歴史 今に

新たな顔ぶれ決まる

県議選藤沢市

新たな顔ぶれ決まる

4月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク