藤沢版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

「紙芝居で子どもに夢を」 辻堂在住の半田さん

文化

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
登場人物になりきって「おむすびころりん」を口演する半田さん
登場人物になりきって「おむすびころりん」を口演する半田さん

 バナナ柄のはっぴに、ねじり鉢巻き姿。拍子木の甲高い音が鳴り響く。市内を拠点に各地の行事で作品を披露し、子どもたちに夢を届ける紙芝居師がいる。

 保育士で紙芝居師の半田拓也さん(31)=辻堂在住=が10日、湘南台のレストランアロームで開かれた「子どもふれあい食堂」で口演した。アレンジを加えた昔話「おむすびころりん」やオリジナル作品「おばけ」などを披露。登場人物になりきって声色や表情を変え、会場全体を動き回る、まるで演劇のようなパフォーマンスに子どもも大人も見入った。

 2年前に子どもが生まれ、紙芝居師としての構想を温めてきた半田さん。保育士として働く傍ら、昨年7月から本格的に活動を始めた。モットーは「笑顔で元気よく」。全身で物語を表現すれば、子どもたちが作品の世界観により親しみやすい。また「自分の活動が、子どもたちが夢を持つきっかけにもなれば」。そんな思いもあるという。

 これまで手がけた作品数は約40。子どもがチップとして手渡してくれるキャンディーや「息子が紙芝居作りを始めたんです」といった観客からの声が何よりのやりがいだ。「依頼を受ければ、日本中、世界中どこへでも行く。自分の紙芝居を少しでも多くの人に見てもらって夢を届けられたら」

藤沢版のローカルニュース最新6

「分散避難」 考える契機に

「分散避難」 考える契機に 社会

デスク・レポート

12月4日号

「好奇心」原動力に漢検2級

「好奇心」原動力に漢検2級 教育

鵠沼小6年 菅沼君が合格

12月4日号

自宅で楽しむクリスマス

自宅で楽しむクリスマス 社会

あす5日 オンラインで

12月4日号

アニメで注目石川のドール会社

アニメで注目石川のドール会社 文化

アゾンインターナショナル

12月4日号

7日間で42人感染

ホテルでロボットがお迎え

ホテルでロボットがお迎え 社会

アユダの実証実験

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク