藤沢版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

振り込め詐欺 被害総額1億8千万円 「手渡し型」が増加傾向

社会

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 2018年に藤沢市内で発生した、特殊詐欺の被害総額が約1億8千万円にのぼることが明らかになった。全体では前年比減となったものの、藤沢署管内では過去最大被害額を更新。今年はすでに6千万円の詐欺被害が発生するなど、身内を装う「オレオレ詐欺」と呼ばれる手口が依然として後を絶たず、同署などが注意喚起している。

 認知件数は前年比3件増の102件。被害額の内訳は藤沢署管内が1億415万円、藤沢北署が7262万円だった。

 内訳では、オレオレ詐欺が全体の7割強を占める76件で最も多い。そのほか「架空請求詐欺」や「還付金詐欺」などがあり、警察官や銀行協会職員、商業施設関係者などと偽る手口が目立つ。いずれも銀行口座や暗証番号、クレジット番号などを聞き出すなどし、手段を変えながら最終的には金銭を要求してくる。また近年は、現金やクレジットカードを直接受け取りにくる「手交付型」が増加傾向にあるという。

 藤沢署は4日、市内在住の70代女性が6千万円の被害に遭ったと発表。同署によると、長男を装う男から「会社の書類が入ったかばんをなくした」などと女性宅に電話があった。同日、長男の同僚を名乗る3人の男が別々に自宅前に現れ、3回に分けて計6千万円を手渡した。その後家族に連絡し詐欺と判明したが、犯人は捕まっていない。

留守電などで対策を

 県警の発表では、昨年1年間の県内被害総額は約58億円。内訳では約8割が70歳以上、性別では8割が女性で、高齢の女性が被害に遭いやすいことが分かる。両署では「留守番電話機能や迷惑電話防止機器を活用し、直接電話に出ないなどして被害を防止してほしい」と呼び掛けている。

藤沢版のトップニュース最新6

「スクールロイヤー」 設置へ

「スクールロイヤー」 設置へ 教育

いじめ対応など弁護士助言

7月3日号

プラごみ削減で3者連携

藤沢市

プラごみ削減で3者連携 社会

ローソン、アパレルが協力

7月3日号

消費喚起へ商品券

消費喚起へ商品券 経済

「3割お得」11月販売へ

6月26日号

位置づけ「広場」に

藤沢駅北口デッキ

位置づけ「広場」に 社会

来年4月から条例施行

6月26日号

「オール藤沢」で安全確保へ

「オール藤沢」で安全確保へ 社会

海水浴場中止で独自ルール

6月19日号

ひとり親家庭に独自支援

藤沢市

ひとり親家庭に独自支援 社会

現金給付で商品券など

6月19日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フランス人画家個展

フランス人画家個展

鵠沼海岸で19日まで

7月2日~7月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク