藤沢版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

「湘南ナース」32人が誕生 地域に根差した看護師に

社会

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena
出席者一人ひとりに認定書が手渡された
出席者一人ひとりに認定書が手渡された

 地域に密着した看護師を表す「湘南ナース」の称号授与式が2月23日、藤沢市医師会館で初めて行われ、32人の「湘南ナース」が誕生した。代表の看護師は「授与を励みに、初心を忘れず、それぞれの病院で精進していきたい」と活躍を誓った。

 これは藤沢・茅ヶ崎・寒川の2市1町で構成される湘南東部医療圏において、看護師の人材不足の解消や育成を目的とする事業。主に同医療圏の病院やクリニックに就職した新人看護師を対象に、共同研修を行い、一定水準以上の看護実践能力を備えていると認められた人に「湘南ナース」の肩書きが与えられる。

 2013年に藤沢市医師会、茅ヶ崎医師会、湘南看護専門学校、地域の医療機関により、事業を進める湘南ナース総合支援センターが設立され、現在はその趣旨に賛同する10病院1クリニックが協力している。

 認定を受けた32人は、3年前から働きながら共同研修を受け、新人に必要となる「感染看護」「スキンケア」「フィジカルアセスメント」などの講義を受け実習を重ねてきた。高倉の藤沢湘南台病院で働く入澤里那さん(24)は「3年間やってきた達成感がある。これからも仲間といっしょに成長していきたい」と意気込みを語った。

 授与式は、同センターの仙賀裕センター長が認定書を手渡し「これからも地域医療において現場で活躍してほしい」と激励。会場には藤沢市医師会の鈴木紳一郎会長、茅ヶ崎医師会の丸山徳二会長のほか、鈴木恒夫藤沢市長、木村俊雄寒川町長ら関係者約200人が出席し、看護師の新たな門出を祝った。

 鈴木医師会長は「初めての湘南ナースの誕生に感無量の思い。医師会が主催する研修への参加や看護学校の図書館の利用など、メリットを作っていく。これからも自己研さんを積んでステータスをあげてほしい」とエールを送った。

人手不足解消へ

 「湘南ナース」事業は、離職率の高い新卒から3年間が研修期間。地域で働く先輩看護師が講師となり身近な立場で指導し、地域の新人看護師は共同で研修を受ける。受講者からは「同期の支えが励みになる」との声も多く、地域の人材不足解消に成果が期待される。

 今年度は約80人が共同研修に参加している。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

育てた花、五輪会場に

育てた花、五輪会場に 教育

テストイベント向け種まき

6月21日号

「湘南ねぶた」中止に

「湘南ねぶた」中止に 社会

会場の一部 確保できず

6月21日号

自転車で米国を縦横断

善行在住市川榮一さん

自転車で米国を縦横断 スポーツ

足かけ3年75歳で達成

6月14日号

海洋プラごみ 削減を

海洋プラごみ 削減を 社会

県が湘南港に回収装置

6月14日号

待機児童10人減も164人

待機児童10人減も164人 社会

県下で突出、解消遠く

6月7日号

聖火、来年6月藤沢に

聖火、来年6月藤沢に 社会

江の島などで式典も

6月7日号

ドローンで復旧迅速に

ドローンで復旧迅速に 社会

市と建設業協会が協定

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク