藤沢版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

約500Km 巡礼の旅へ 源義経ゆかりの地訪ね

社会

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
徒歩で巡礼に挑戦する小峯さん
徒歩で巡礼に挑戦する小峯さん

 没後830年となる今年、源義経を祀る白旗神社のそばで和菓子店を営む小峯憲(あきら)さん(64)が、義経最期の地から藤沢まで、徒歩でゆかりの地を訪ねる旅に挑戦している。17日に宮城県を出発し、藤沢へは命日の6月13日に行われる鎮霊大祭までの到着を目指している。

和菓子店の小峯さんが挑戦

 伝承によると、源義経は平泉で自害し、胴体は宮城県北部に葬られた。首は鎌倉に送られ首実験が行われ、その後、藤沢に葬られ祭神として白旗神社に祀られたとされている。現在は、宮城県栗原市の判官森に胴塚、白旗神社に首塚があり、碑が建てられている。

 今回の挑戦は、その胴塚から首塚まで、両方の塚の土(御霊土)を携えながら、義経の足跡を巡る。行程は約500Kmで、主に国道4号線沿いを行きながら、1日20Kmほどを移動する予定だ。

 小峯さんは、この日のために、巡礼者ということが分かるように白装束と笠を新調。安全のためにGPS機能の付いたスマートフォンやタブレット端末も購入した。使い方を練習し、旅の様子はフェイスブックで発信していくという。「張り切るとよくない。気楽に、黙々と歩くだけ。気負わず楽しみたい」

恩返しの気持ちで

 きっかけは20年前、胴塚を管理している菅原次男さんが、白旗神社から宮城県まで徒歩で巡礼し首塚と胴塚の土を合わせ「合祀」した。そこから互いの交流が始まり、数年前には菅原さんが義経を題材にした創作神楽を神社で披露し奉納した。

 没後830年の事業で何かお返しがしたいと神社の関係者らで話が持ち上がり、小峯さんに白羽の矢が立った。昨年10月には、菅原さんの元を訪れ、巡礼のアドバイスを受けたほか、旅路や宿泊施設などを調べ準備したという。

 約90年続く「古美根菓子舗」の3代目店主の小峯さん。白旗神社との縁は深く、社紋をかたどった「笹りんどう最中」は観光名産品にも認定されている。小峯さんは出発前、「子どもの頃から神社は遊び場で、私には切っても切れない関係。恩返しのつもりで、感謝の気持ちを持って歩きたい」と話していた。
 

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

オンラインでピアノ競演

市内在勤高木さん

オンラインでピアノ競演 文化

全日本コンクールを企画

5月29日号

分散登校で週明け再開

藤沢市立小中学校

分散登校で週明け再開 教育

夏休みは2〜3週間に短縮

5月29日号

一部営業再開へ

テラスモール湘南

一部営業再開へ 経済

食物販中心に25日から

5月22日号

コロナ対策に459億円

コロナ対策に459億円 社会

藤沢市が補正予算

5月22日号

ネット申請受付始まる

特別定額給付金

ネット申請受付始まる 社会

郵送書類は月末から発送

5月15日号

「オンライン学習」推進へ

「オンライン学習」推進へ 教育

環境整備急務 課題も

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク