藤沢版 掲載号:2019年4月19日号
  • LINE
  • hatena

きょう19日からパッチワーク作品で初の個展を開く 太田 章子(あやこ)さん 円行在住 75歳

パッチワークに魅せられて

 ○…様々な大きさ、色、形の布片をつなぎ合わせ、表布と裏布の間に綿を重ねて縫うパッチワーク・キルト。始めて40年、初の個展を開く。テーマは「和布に魅せられて」。友人から譲り受けた着物や帯、風呂敷などを再利用し、掛け軸やタペストリー、ベッドカバーなどに変身させる。「しまわれていた着物たちも再び使われることになって喜んでいると思う。主役の柄を最大限に引き出せるように周りの布の色や柄をパッチワークで工夫しました」と穏やかに話す。

 ○…3カ月かけて制作した大作「牡丹」は、琴の演奏者だった友人の母親が春の演奏会で着ていた舞台衣装を、掛け軸に変身させたもの。「しわやゆがみがあって、愛用していたことが分かる。その一つ一つが作品の味になる」。牡丹をふっくら見せるため、一緒に使われていた帯を背にキルティング。両面から楽しめる作品に仕上げた。そのほか約40点の思いのこもった作品を披露。「和布にたくさん触れて、日本の古き良きものを再確認することができた」と振り返る。

 ○…大阪府生まれ。手芸が得意な母親の影響を受け、幼い頃から、人形や妹の洋服を作っていた。結婚を機に藤沢に引っ越し「趣味で作っていた人形に洋服を着せたい」と思い、近所で開くパッチワーク教室に通うようになった。「楽しくて楽しくて、どんどんはまっていっちゃって」。参加するうちに講師の助手として、制作だけでなく指導にも取り組むようになった。

 ○…現在は湘南台と辻堂公民館のサークルや自身が主宰する市内の教室、東京の下北沢など5カ所の教室で講師を務める。「40年間、和やかな仲間と一緒に、好きだから続けてこられた。これからも楽しんで続けていく」。制作意欲は尽きることはない。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

渡邊 幸夫さん

神奈川県社会保険労務士会藤沢支部の支部長に就任した

渡邊 幸夫さん

5月17日号

星川 俊道さん

藤沢市腎友会の会長を務める

星川 俊道さん

4月26日号

大西 順三さん

藤沢市老人福祉センター「やすらぎ荘」で旅行講座を開く

大西 順三さん

4月12日号

東樹(とうじゅ) 康雅さん

藤沢市市民活動推進センターのセンター長に就任した

東樹(とうじゅ) 康雅さん

4月5日号

山内 若菜さん

福島県に通い続け、自然や動物を描く画家

山内 若菜さん

3月29日号

平井 仁さん

30年に渡って地域の子どもたちの交通安全教室を続けてきた

平井 仁さん

3月22日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

長後まつりに芸人大集合

長後まつりに芸人大集合

豪華景品の富くじも

5月18日~5月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク