藤沢版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

施設と地域つないだ33年 光友会 「かわうそ文芸」休刊

文化

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
67号を手にする本谷さん
67号を手にする本谷さん

 獺郷の社会福祉法人光友会(五十嵐紀子理事長)が発行する冊子「かわうそ文芸」が、第67号を最後に休刊する。

 1986年8月に創刊。同法人が運営する湘南希望の郷の開所に合わせての発行だった。当時県内では、身体に障害があり介護を必要とする人が生活する施設を民間が運営のするのは珍しく、「地域とのつながりを作りたいとの思いで始まった」と創刊から編集長を務めた職員の本谷守さんは話す。

 編集には、当時の入居者である故・遠藤吉二さんも携わった。遠藤さんは元教師で、脊椎損傷で首から下が不自由になり、授産施設で学んだ活版印刷の技術を生かし手伝っていた。冊子には、入居者が作った詩のほか、職員やゆかりのある人、地域住民の寄稿などが掲載されている。作品のテーマはさまざまだが、自身の戦争体験なども寄せられていた。サイズはB5版で、最終号となった67号は40ページにも及ぶ。「原稿のあつまりもよく作りやすかった」と話すが、500部発行するための経費は協賛広告やバザーなどでなんとか賄ってきた。

 創刊から33年、寄稿者も高齢化したことから一時は廃刊も検討されたが、職員の澤野亮介さんらが、「入居者の作品は、我々にしか届けられない貴重なもの。読み応えのある寄稿もあり何かしら続けられれば」との思いから、休刊とした。澤野さんは「地域とのつながりというコンセプトをそのままに、今後は30〜40代にも届くよう展開できれば」と話す。かわうそ文芸は、市内各図書館などで配布している。

かわうそ文芸

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

最高の栄誉「ようやく実感」

吉野彰氏単独インタビュー

最高の栄誉「ようやく実感」 社会

10月18日号

プロへの道、切り開いた

女子野球藤沢清流高3年 三浦柚恵さん

プロへの道、切り開いた スポーツ

10月18日号

亡き少女の詩 歌にのせ

亡き少女の詩 歌にのせ 文化

長久保公園でコンサート

10月18日号

笑顔テーマにバレー満喫

笑顔テーマにバレー満喫 スポーツ

益子杯150人参加

10月18日号

ミニバス2チーム県へ

秋季湘南地区大会

ミニバス2チーム県へ スポーツ

10月18日号

全日本大会で準優勝

全日本大会で準優勝 スポーツ

スポチャン 2人入賞

10月18日号

家電製品など藤沢市に寄付

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯の52会場で「うつわの日」

大磯の52会場で「うつわの日」

10月25日(金)から3日間

10月25日~10月27日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク