藤沢版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「文化祭、経験させたい」 不登校児の母ら企画、4・5日に

教育

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
「だがし」と書いたのぼりを作る子どもたち
「だがし」と書いたのぼりを作る子どもたち

 不登校の子どもたちを、自宅を拠点に図書館など地域の教育資源を活用しながら本人の人格や個性を尊重し教育する「ホームスクーリング」。

 そんな子どもたちの活動の場を広げようと「ホームスクーリングで輝くみらいTOWNプロジェクト」が5月4日(土・祝)と5日(日・祝)、鵠沼海岸駅徒歩4分のBe―Spaceで駄菓子マルシェを開催する。

 代表の小沼陽子さんは、子どもの不登校をきっかけに団体の活動を始め、講演会や母親同士の交流会などを企画してきた。今回、「文化祭などみんなでイベントを作り上げる経験がない。何か機会を作りたい」と思ったのをきっかけに動き出した。

 駄菓子を販売するこのイベントは、子どもたちがチラシやのぼりをつくり、当日の担当などを決めてきた。当初は仕入れや売り値も考える販売体験にも力を入れたいと考えていたが、「あれこれ悩むより、みんなで楽しむことが一番」と、文化祭の雰囲気を味わうことを第一としている。

 また、不登校の子どもたちに、出会いの場を提供したいとの思いもある。まだ認知度が低いホームスクーリングは、普段学校に行っている時間帯には世間の目が気になり外出しにくく、こもりがちになる子どももいる。

 イベントを手伝う大学2年の宮本紗瑛さんは、「最初はイベントを成功させたいというプレッシャーがあったが、のびのびやろうと言われて一緒に楽しんでいる。子どもたちはそれぞれ得意なことを生かしながら、参加している。寄り添いながらサポートできれば」と語る。中学1年生の女の子は、「みんなと話しをしながら作業するのが楽しい」と、笑顔で話した。

 イベントは4日が午後1時から4時。5日が午後1時から3時。問い合わせは、【メール】happymama.event@gmail.com

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

1万のろうそく夜彩る

1万のろうそく夜彩る 社会

17日から江の島で

10月16日号

棚田の実りに感謝

棚田の実りに感謝 文化

石川丸山谷戸で脱穀作業

10月16日号

展示品は手作りトラック

展示品は手作りトラック 教育

いすゞと遠藤公民館コラボ

10月16日号

藤沢小麦の細うどん発売

藤沢小麦の細うどん発売 社会

葛原地粉の会が商品化

10月16日号

「湘南台から元気を届けたい」

「湘南台から元気を届けたい」 経済

湘南台商連 GoTo採択目指す

10月16日号

藤沢勢3チームが県へ

藤沢勢3チームが県へ スポーツ

ミニバス湘南地区代表で

10月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク