藤沢版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

藤沢珠算教育振興会の新会長に就任した 岡田 寛和さん 片瀬在住 41歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

「子どもの可能性広げたい」

 ○…子どもの右脳教育や認知症予防でも注目されるそろばん。普及、振興に努める団体のリーダーにこのたび選ばれた。市内で珠算を学ぶ人はおよそ2000人。「もっと皆さんが楽しめるよう、また成長が実感できるような企画を仕掛けていきたい」と意気込む。一方、会内部では教室間のネットワーク化や役割分担などの効率化を加速し、振興会活動の負担減を図ることを掲げる。参加しやすい環境を整え、指導者を増やすことで「裾野を広げていきたい」と話す。

 ○…叔母、父が珠算教室を開いている家に生まれた。自宅を使っていたため、家中で生徒がそろばんを弾いているのが日常の光景。当然のように幼児期からそろばんを始めた。中高と学ぶ中、嫌気がさすこともあった。「父が先生でしたから」と反抗期もあったよう。しかし、それを乗り越えさせてくれたのも父親。「その都度、明確な目標を与えてくれた」と振り返る。人生のパートナーともいえる珠算との出会いや楽しさを教えてくれた父はすでに他界。「今は心から感謝している」

 ○…夫人と、小2、年長の子ども2人の4人で暮らす。週末は子どもたちと楽しむイクメンで「近場は行き尽くした」と話すほど。趣味はキャンプ。春と夏の年2回は家族で出かけている。その道具選びも楽しんでいるようで「今、ナイショでテントを狙っていて」といたずらっ子のように笑う。

 ○…父の跡を継ぎ鎌倉で珠算教室を開いている。4、5歳の子どももいる中、「理解できる言葉選びや接し方など大変さもあるけど、成長していく姿をみるのは楽しい。身長もぐんと伸びる」と目を細める。「イメージする力、集中する力を育む珠算は子どもたちの可能性を広げてくれる」と語る若きリーダー。これからの活躍に期待が集まる。

藤沢版の人物風土記最新6

海上(うなかみ) 知哉さん

藤沢市の職員でセーリングすごろくを考案した

海上(うなかみ) 知哉さん

西富在住 30歳

6月14日号

伊藤 彰浩さん

毎週金曜日の放課後に駒寄小で「スポトレ」教室を開いている理学療法士

伊藤 彰浩さん

辻堂在住 31歳

6月7日号

春日 慶子さん

第54回神奈川県看護賞を受賞した看護師

春日 慶子さん

湘南中央病院勤務 62歳

5月31日号

渡邊 幸夫さん

神奈川県社会保険労務士会藤沢支部の支部長に就任した

渡邊 幸夫さん

宮原在住 57歳

5月17日号

星川 俊道さん

藤沢市腎友会の会長を務める

星川 俊道さん

藤沢市本町在住 63歳

4月26日号

太田 章子(あやこ)さん

きょう19日からパッチワーク作品で初の個展を開く

太田 章子(あやこ)さん

円行在住 75歳

4月19日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク