藤沢版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

藤沢市の職員でセーリングすごろくを考案した 海上(うなかみ) 知哉さん 西富在住 30歳

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

レースの魅力、楽しく熱く

 ○…「子どもたちにセーリングの魅力を楽しく、わかりやすく伝えたい」と企画した「セーリングすごろく」。昨年7月から動き出し、いかに実際のレースに近づけるかにこだわり苦労した。それだけに、大盛り上がりでゲームする子どもたちを見たら、「うるっときた」とも。

 ○…昨年4月に藤沢市東京オリンピック・パラリンピック開催準備室へ異動した。当初は子ども向けのセーリング紹介冊子を作成する予定だったが、「文字ばかりでは、子どもたちは読まないだろう」と方向転換。若手職員たちと話し合いを繰り返し、ゲームにたどり着いた。しかも「セーリングの本質も理解できるもの」とのこだわりで、サイコロではなく、海上のように左右の動きを基本にした。昨年11月には試作品で遊んでもらい、子ども目線のアドバイスが大いに役にたった。「一緒に作ったような気持ち」とにこやかに語る。

 ○…鎌倉市で生まれ育った。中学高校はソフトテニス部で、海には海水浴に行く程度だった。大学入学後、その苗字から誘われたのがセーリング。「最初は先輩に言われるがまま操縦していたのが、次第に理解できるようになり、知略の部分に魅力を感じた」と話す。ウインドサーフィンやスタンドアップパドルなど、今でも週末は海だ。

 ○…卒業後都内の企業に就職するも、「マリンスポーツの魅力を行政側から伝えたい」と、2015年に藤沢市に入庁。セーリングの普及啓発のほか、海外選手と藤沢をつなぐ文化交流も担当している。「英語は全然話せないけど、セーリングをやっていたと話すと一気に距離が縮まる」と笑う。1年後の東京五輪。「今が最大のチャンス。多くの人に関心をもってもらいたい」と熱いまなざしで語った。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

飯森 正樹さん

2月22日にFプレイスで開催される「子どもの居場所を考えよう!in藤沢」の実行委員長を務める

飯森 正樹さん

藤が岡在住 25歳

2月14日号

秋元 けさ子さん

女子サッカーの普及に長年尽力する

秋元 けさ子さん

大庭在住 77歳

2月7日号

古川 加奈子さん

難病患者と家族の会「たんぽぽの会」の会長を務める

古川 加奈子さん

湘南台在住 55歳

1月31日号

萩本 あつしさん

藤沢で結成されたバンド「Layne」(レイン)のボーカル・ギター

萩本 あつしさん

羽鳥出身 27歳

1月24日号

山田 秀幸さん

(一社)藤沢駅周辺地区エリアマネジメントの代表理事を務める

山田 秀幸さん

鵠沼松が岡在住 57歳

1月17日号

野村 俊介さん

1月1日付で(一社)藤沢青年会議所(JC)の理事長に就任した

野村 俊介さん

藤沢市内在住 39歳

1月10日号

秋本 英一さん

全国でも珍しい「産業創造師」の認定を持つ

秋本 英一さん

市内在住 52歳

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク