藤沢版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

新時代のビジネス―【5】 システム管理で農業改革

経済

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena

  農業人口の減少や従事者の高齢化、後継者の不足など、現在日本の農業を取り巻く環境は様々な課題を抱えている。そのような中、収穫量や環境、労働時間などをシステムで管理・データ化し、より効率的にトマトを生産販売している農園がある。

 農業とITを組み合わせ、業界に新たな風を吹かせているのは(株)井出トマト農園=宮原=の代表取締役・井出寿利さん(38)。昨年には農業経営を支援する生産性管理システム「AGRIOS(アグリオーエス)生産性管理」を開発し、従業員の労働や各種データを一括管理。56人の従業員で、年間約4万本のトマトを栽培している。

 同農園では、7棟のハウスを設け、大玉からミニトマトまで13品種を栽培。1年中安定して生産するために育苗システム「苗テラス」を用いて、温度や湿度、二酸化炭素濃度、光、肥料濃度をコントロールし、最適な環境を整えている。

 昨年開発した「AGRIOS生産性管理」は農業の生産性や労務を管理するシステム。従業員らは労働時間や収穫量、使用農薬など作業内容を日々、スマートフォンを使って入力。データをもとにシステム内で集計し、1平方メートル、1時間あたりの生産性が計算され、作業量が一目でわかる。井出さんは「従来の農業は、数値や言語、マニュアル化されず、感覚でしか分からなかったもの。それを”見える化”することで農業の経営者を育てる仕組みを作ることができている」と話す。

 昨年7月の導入後から従業員の労働意識も上がり、作業量もアップ。業績も右肩上がりという。「システムを導入している農園は現在、13件。今度は横のつながりを強化して、さらなる農業の活性化を目指したい」

 また、農業と福祉の連携のため、障害者を雇用し就労支援に取り組もうと動き始めている同農園。井出さんは「最後はやっぱり人が大事。単にIT化するのではなく、トマトにとっても、人にとっても、より良い環境を提供できたら」と話した。

      (連載おわり)

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

市スポーツ連盟が発足

市スポーツ連盟が発足 スポーツ

五輪契機に6団体連携

4月9日号

江の島PR “2代目”デビュー

江の島PR “2代目”デビュー 経済

江ノ電のラッピングバス

4月9日号

市役所に階段アート

上りたくなる!?

市役所に階段アート 社会

4月9日号

アースデー砂浜を清掃

アースデー砂浜を清掃 社会

パソナグループ

4月9日号

ストリートピアノ復活

湘南台駅地下

ストリートピアノ復活 文化

あす10日もイベント

4月9日号

辻堂のロゴマーク決定

辻堂のロゴマーク決定 社会

海・太陽・大地を表現

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク