藤沢版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

「地域の名産、残したい」 今や希少「鵠沼かぼちゃ」

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
鵠沼かぼちゃを紹介する山口さん(左)と関根さん
鵠沼かぼちゃを紹介する山口さん(左)と関根さん

 ねっとりとした食感で上品な甘みが特徴の「鵠沼かぼちゃ」。地元農家で昔から作られている農産物が近年、減少傾向にある。生産にかかる手間や担い手不足、畑面積の減少が背景にあるようだ。

 JAさがみ米ディハウスくげぬまの職員によると現在、生産者は辻堂元町に畑をもつ山口貞雄さん(70)と鵠沼桜が岡の関根栄一さん(56)の2人。「不要な脇芽をとる作業がすごく大変」と両者は口を揃え、「昭和30年代ごろは10軒ほど農家があったけど、栽培に手間暇がかかるからね。労力的にも限界があって減っていった」と山口さんは話す。

 鵠沼かぼちゃは、身が小ぶりで皮が黒く、栽培時期の早い「日本かぼちゃ」の品種。一般的な西洋かぼちゃに比べ販売期間が短いため比較的値段も高い。また、暑さに弱く、「毎年、地温や気温、風など細かい管理が必要なので栽培は難しい」という。

 さらに1畳分の広さに1本の苗を植え、収穫できるのは6個程度と生産効率も良いとは言えない。後継者も減り、畑の面積も減ってきていることから、より希少とされてきた。

 海岸に近い鵠沼は、砂地で保温力が高く、冬も無風にならず、風通しも良いことから、かぼちゃ栽培に適した土地という。

「満足いくものはなかなかできない。毎年試行錯誤して、次こそはという思いで育てている」と2人は思いを込める。

 これまで山口さんは50年、関根さんは約30年、栽培を続けてきた。「毎年生産を途切れさせたことは無い。これからも継承していかないと」。地域の名産を残していくことが、2人が栽培を続ける原動力だ。

 5月下旬から出荷され始め、旬は6月中頃。7月上旬まで販売予定。2人のかぼちゃは同JA(本鵠沼2の7の1)に卸されている。

湘南小田急住まいのプラザ

毎週開催!相続・家族信託・遺言など無料専門家相談

https://www.odakyu-fudosan.co.jp/support/plaza/store/shonan/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

体力テスト全国平均下回る

体力テスト全国平均下回る 教育

運動時間は県上回る

11月15日号

「光の海」にくぎ付け

テラスモール湘南

「光の海」にくぎ付け 社会

17万球が彩る

11月15日号

自主返納の「旗印」に

自主返納の「旗印」に 社会

藤沢署長が真円上人表敬

11月15日号

「街の顔」育成へ協定

「街の顔」育成へ協定 社会

五輪に向け藤沢市

11月15日号

「コーヒーとスイーツと」

「コーヒーとスイーツと」 文化

湘南T-SITEで16日、17日

11月15日号

大逆転で全国切符手に

プレス工業

大逆転で全国切符手に スポーツ

11年連続出場決める

11月15日号

湘南みどり学園が優秀賞

湘南みどり学園が優秀賞 教育

業界一のガーデンコンテストで

11月15日号

法泉寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「コーヒーとスイーツと」

「コーヒーとスイーツと」

湘南T-SITEで16日、17日

11月16日~11月17日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク