藤沢版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

背中でチームを牽引 藤沢翔陵高校本山颯人(3年)

スポーツ

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
大会へチームの士気を上げていく
大会へチームの士気を上げていく

 第101回全国高校野球選手権の神奈川大会が今月7日に開幕する。出場校は全181校。藤沢市内からは12校が出場し、令和初の王者を目指して強豪が揃う激戦に臨む。シード校16校のうち、市内3校の主要選手を紹介する。   《敬称略》

 春季県大会でベスト16に入り第3シードを手にした藤沢翔陵。今年は投手の左右2枚看板である左腕・上澤直也(3年)、右腕・戸田達也(同)がチームを支える。下位打線でも長打力がある切れ目のない打線も特徴だ。

 その中で、扇の要である捕手と主将を務める本山颯人は、元ロッテ・阪神に所属した川俣浩明監督も「野球が大好きな生徒。チームのことをしっかり把握できていて、私が真っ先に相談する選手」と信頼を寄せている。グラウンドでは誰よりも声を出し、雑用なども率先して行う背中で引っ張る主将だ。

 その本山は今年のチームを「出塁率の高い1番が出ると得点につながる確率が高い。チームも勢いがつき流れにのれる」と分析。その一方で「失策で流れを失いやすい。歯止めがきかなくなる」と課題もはっきりと口にする。

 今年の冬場は、走り込みを重ね、スイング量も増やしてきた。「400m、300m、200m、100mのタイム走を10セット。下半身が鍛えられて打撃に粘りが出てきた。守備もステップがスムーズに踏めるようにレベルアップしている」と練習の成果を実感しているようだ。

 「厳しいトレーニングを3年生を中心にプラス思考で乗り越えられたことは成果。体はきつかったけれど楽しくできた」と本山。甲子園出場という大きな目標へチームの士気を高め、「一戦必勝」で立ち向かう。

■初戦/7月15日午前11時、藤沢八部球場
 

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

障害児と交流 カヌーで続け

HONKI University

障害児と交流 カヌーで続け 社会

7月19日号

プロと共演、練習に熱

湘南高合唱部

プロと共演、練習に熱 教育

7月19日号

「ヨイヨ」威勢よく

多様な学びを考える

多様な学びを考える 教育

脳科学者 茂木さん講演

7月19日号

青空保育3年間の記録

青空保育3年間の記録 社会

鎌倉で上映会

7月19日号

「どんどん出てくる」

「どんどん出てくる」 文化

宮原でじゃがいも掘り

7月19日号

白旗神社で夏祭り

湘南小田急住まいのプラザ

毎週開催!相続・家族信託・遺言など無料専門家相談

https://www.odakyu-fudosan.co.jp/support/plaza/store/shonan/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多様な学びを考える

多様な学びを考える

脳科学者 茂木さん講演

8月2日~8月2日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク