藤沢版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

電車に子どもと夢を乗せて

文化

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

 約40年、電車の模型を作り続けている辻堂在住の桜井良継さん(63)=写真。実際の車体の10分の1のサイズで、江ノ電や蒸気機関車など、これまで20台以上を手がけてきた。

 子どもの頃から電車好きで、引退する車両を保存できないかと模型を作り始めた。現在は仕事を退職し、制作に没頭。地域のイベントなどに出展している。

 電車は座席のある後続車両に乗車し運転もできる特別製だ。江ノ電は電気、蒸気機関車は石炭を使い、煙を出しながら走行し、子どもたちからは大人気という。

 桜井さんの最大のこだわりは実物にどれほど近付けられるか。車両を作る際、実際に現地へ足を運び、写真に収めて電鉄会社や技術者など専門家から話を聞いて細部まで再現。図面を描き、部品作りから配色まで一人で行う。1台仕上げるのに3、4カ月かかり、現在も日々、制作を続けている。桜井さんは「今は子どもたちの笑顔のために作っている。これからも続けていきたい」と笑顔で話した。

藤沢版のローカルニュース最新6

無くせ「建設業界のもったいない」

無くせ「建設業界のもったいない」 経済

片瀬のIT企業がアプリ開発

7月3日号

フランス人画家個展

フランス人画家個展 文化

鵠沼海岸で19日まで

7月3日号

寒川神社、注連縄を新調

寒川神社、注連縄を新調 文化

宮原の藁が材料に

7月3日号

「自宅で海を楽しもう」

「学校薬剤師」ご存知?

「学校薬剤師」ご存知? 社会

環境衛生の守護者

7月3日号

給食も「新しい生活様式」で

給食も「新しい生活様式」で 教育

市立中学校でもようやく再開

7月3日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フランス人画家個展

フランス人画家個展

鵠沼海岸で19日まで

7月2日~7月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク